4月 02 2013

4月2日 外電報告・穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルは安くもレンジ内。3月の米ISM製造業景況指数が51.3と事前予想(54.0)以上に低下した事に反応するも、3-4日に黒田総裁就任後初めてとなる日銀金融政策決定会合を控えている事で下げ幅を縮小。
 ユーロは高くもレンジ内。依然としてキプロス情勢やイタリアの政局混迷など欧州懸念が強い中、3月の米ISM製造業景況指数が事前予想以上に低下した事で買われた模様。
 ダウは安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金6月限は高くもレンジ内。キプロス支援に関連した大口預金者負担やイタリアの政局不安など再び欧州発の懸念が広がる中、ドル安・株安から安全への逃避買いが入った模様。ETF」は増減なし。
 白金族は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。中国及び米国の製造業PMIの上昇やドル安に反応。
 ガソリン5月限は安くもレンジ内。夏の需要期を前にした供給増加見通しに反応。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 1913万9000bu(1400万~1900万bu)
  主な成約先… 日本733.4万bu メキシコ461.1万bu 中国429.2万bu

(大豆)
 1630万0000bu(1200万~1900万bu)
  主な成約先… 中国958.1万bu メキシコ251.7万bu インドネシア548.2万bu

(小麦)
 2573万6000bu(1800万~2500万bu)

 

 

 大豆5月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。 連休前に発表された四半期在庫が予想を上回り、市場の供給ひっ迫懸念が後退した事で下げるも、流通問題によるブラジルの輸出停滞観測や、相場下落による需要増加期待が交錯した事で安値から切り返した様子。
 コーン5月限は大幅安。先週末に発表された四半期在庫や、作付意向面積の弱材料に反応。
 小麦5月限も安い。先週末に発表された四半期在庫の増加やコーンの下げに追随。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!! 

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。