5月 11 2013

5月11日 外電報告・子薫陶需給報告・海外大口投機家建玉状況

<穀物>
 穀物需給報告の内容は下記の通り。

 

(コーン)
 作付面積    :9730万エーカー                                  
 単  収    :158.0bu                                    
 期初在庫    :7億5900万bu                                   
 生  産    :141億4000万bu                                   
 供給合計    :149億2400万bu                                   
 飼料用     :53億2500万bu                                    
 食品・種・工業用:62億9500万bu                                   
 内エタノール  :48億5000万bu                                    
 輸  出    :13億0000万bu                                   
 消費合計    :129億2000万bu                                   
 期末在庫    :20億0400万bu                                   
 在庫/消費率  :15.5%

(大豆)
 作付面積:7710万エーカー                                            
 単収  :44.5bu                                               
 期初在庫:1億2500万bu                                              

 生産  :33億9000万bu                                            
 供給合計:35億3000万bu                                         
 圧砕  :16億9500万bu                                         
 輸出  :14億5000万bu                                            
 消費合計:32億6400万bu                                         
 期末在庫:2億6500万bu                                         
 在庫率 :8.1% 

 

 

 コーン7月限は、新穀の期末在庫の増加に反応。安くもこの日の下値抵抗を維持した形。
 大豆7月限も、弱気の期末在庫発表を受けて安くもレンジ内。

 

 

 

<工業品>
 金6月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。ドルが主要通貨に対して騰勢を強めた事が圧迫し、原油の急落・個人投資家の現物需要が一巡した事に反応。ETFは2.71トンの増加。
 白金7月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。南ア政府や組合との協議を終えたアンプラッツが、リストラは雇用削減約8000人・減産約25万オンスとし、当初計画の40万オンスを下回った事も要因。パラ6月限は安くもこの日のレンジ内。
 ガソリン6月限は安くもレンジ内。

 

 

 

<通貨・株式>
 ドルは高く新値抜き。前日の海外市場の流れを受け継いだ形。
 ユーロは安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。週足でも頭の重い展開。
 ダウはじり高。

 

 

 

 

 尚、4月30日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金…89423枚(97052枚)
 銀…13651枚(12190枚)
 白金…31479枚(31844枚)
 パラ…19299枚(19450枚)
 原油…220626枚(209941枚)
 コーン…132426枚(117960枚)
 大豆…61957枚(79072枚)

 

 

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。