5月 04 2013

5月4日 外電・米4月雇用統計

<通貨・株式>
 米4月雇用統計の内容は下記の通りです。()は事前予想。

 

 失業率:7.5% (7.6%)                                        
 非農業部門雇用者数:16万5000人増(14万人増)

 

 強気の雇用統計を受けてドルは高い。
 ユーロは高く、昨日割り込んだ週足レンジ下を上抜いた状態。
 ダウは高く、実線高値の14865.14ドルを上抜いた形。

 

 

<工業品>
 金6月限はじり安レンジ内。米雇用統計で失業率が低下、非農業部門雇用者数が予想を上回った事から売りが中心となった模様。ETFは6.02トンの減少。
 白金族は横ばい。
 ガソリン6月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。雇用養鶏の内容を好感した買いが入った模様。

 

 

 

<穀物>
 大豆7月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。農家が売り控える中、国内加工業者や輸出業者が現物ベーシスを引き上げている事が供給ひっ迫感を強めた模様。
 コーン7月限は安くもレンジ内。インフォーマの南米生産高見通しが、ブラジル・アルゼンチン共に上方修正された事に反応。
 小麦7月限は安く、前日と往って来い。

 

 

 

 

 尚、4月30日の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金…97052枚(104255枚)
 白金…31844枚(29649枚)
 パラ…19450枚(19711枚)
 原油…209941枚(211575枚)
 コーン…126311枚(117960枚)
 大豆…79072枚(77567枚)

 

 

 

 皆様良き連休をお過ごし下さい!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 





このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。