6月 15 2013

6月15日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルは安い。米経済指標の弱さ、IMFが2014年の米経済成長率見通しを引き下下駄事・米株式相場やシカゴ日経平均先物の下げなどが一因となった様子。
 ユーロは安くもレンジ内。
 ダウは安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金8月限はじり高レンジ内。ETFは6.32トンの減少。
 白金族はじり高レンジ内。米生産者物価指数(PPI)が予想を上回ってインフレが上昇し、金が急反発に転じた事に反応。
 ガソリン7月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。トルコで反政府デモが続き、オバマ米大統領がシリア反体制派への武器供与を承認したとの報や、この日行われたイランの大統領選挙結果の見極めなど中東情勢への懸念も一因となった模様。

 

<穀物>
 大豆7月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。内陸部の現物ベーシスが堅調な事や、内外の大豆粕需要が旺盛な事に反応。
 コーン12月限はじり安レンジ内。アイオワ州北部からミネソタ州南部の降雨で作付け遅れが予想されるが、全般的に生育に適した天気が続くとの見方で下げた様子。

 

 

 

 

 

 尚、6月11日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金…59005枚(61200枚)
 銀…3703枚(5356枚)
 白金…29536枚(26989枚)
 パラ…23468枚(22468枚)
 原油…269831枚(255834枚)
 コーン…132700枚(135822枚)
 大豆…122209枚(109604枚)

 

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。