7月 17 2013

バーナンキ氏講演公表

「資産購入ペースは事前に決まっていない」

「FRBは資産買い入れ縮小を年内に開始し、2014年半ばごろに終了させることが適切と想定」

「予見可能な将来において極めて緩和的な政策を見込む」

「FRBは米国債やMBSを量的緩和終了後も保有するだろう」

「資産買い入れは失業率が7%近辺となった時点で終了する可能性が高い」

「非常に低いインフレは経済にリスクをもたらす」

「雇用市場の状況は徐々に改善しつつある」

「FRBは2%のインフレ目標を確保するため、必要に応じて行動する」

「債券購入は見通しに応じて速いペースや遅いペースで縮小したり、当面拡大したりする可能性」

「将来的な利上げを開始した場合、段階的になる可能性」

「フォワードガイダンスの金利目標は数値基準であり、引き金ではない」

「失業率低下の大部分が労働参加率の循環的低下によるものであれば、FRBは利上げする可能性が低い」

「雇用は満足できる状況から程遠く、失業率は正常水準を大幅に上回ったままだ」  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。