7月 10 2013

7月10日 外電抵抗値

 今晩の外電レンジです。

 

<通貨・株式>
 ドル…98.91-100.92円
 ユーロ…1.2775-1.2858ドル
 ダウ…15115.57-15409.39ドル

<工業品>
 金8月限…1229.8-1259.3ドル
 白金10月限…1306.1-1382.5ドル
 パラ9月限…687.85-701.10ドル
 ガソリン8月限…下値抵抗 5日線

<穀物>
 大豆11月限…1276.25-1295セント
 コーン12月限…503-531.75セント
 小麦12月限…683.75-718.50セント

 

 

 

 日経平均は小幅安。一時下げとなっていた上海株式も現在はプラスサイドとなっており、日本時間明朝5:10のバーナンキ氏発言前に神経質な動きとなっています。今晩は眠れますかね~。

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

7月 10 2013

本日の経済発表事前予想と中国貿易収支

 本日の経済発表事前予想です。()は前回内容。

 

15:00
 独6月消費者物価指数:前年比+1.8%(同)
03:00
 米FOMC議事録
05:10
 バーナンキ氏発言

 

 

 

 市場は日本時間5時過ぎのバーナンキ発言に注目が行っている様子。これから発表される中国6月貿易収支も注目材料ですね!!事前予想は278億ドルの黒字で、前回発表時から70億ドル強プラス。

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

7月 10 2013

7月10日 外電報告・石油週間在庫統計事前予想と穀物期末在庫事前予想

<通貨・株式>
 ドルは横這い。今晩のバーナンキ氏講演や、18-19日のFOMCに関心が集まって小動き。
 ユーロは安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。IMFが、今年のユーロ圏経済成長見通しを下方修正した事や、S&Pによるイタリア格下げが圧迫要因。
 ダウは高く、この日の上値抵抗抜いて確り。

 

<工業品>
 金8月限はジリ高レンジ内。南ア鉱山スト終結の報で上げ幅を縮小。ETFは7トン程の減少。
 白金族は高くもレンジ内。南ア鉱山スト終結の報で上げ幅を縮小。
 ガソリン8月限は高く新値抜き。カナダで起きた原油輸送列車爆発事故を受けた供給逼迫懸念で上昇。また、今晩発表される米週間在庫統計事前予想は下記の通り。

 

 原油  :320万バレル減少
 ガソリン:100万バレル増加
 留出油 :100万バレル増加

 

<穀物>
 11日の期末在庫発表を控えた事前予想は下記の通り。()は6月見通し。

 

 コーン:18.74億bu(19.49億bu)
 大豆 :2.70億bu(2.65億bu)

 

 穀物は続伸。コーンは期末在庫引き下げ予想で上昇し、大豆は旧穀の供給逼迫で上げた様子。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。