9月 11 2013

9月11日 外電報告・米石油週間在庫統計事前予想・穀物農務省発表事前予想

<通貨・株式>
 ドルは高く、今週考えていた週足上値抵抗100.24円を上抜いて確り。日経平均株価上昇による世界的な株価の上昇や、シリアが化学兵器に関するロシアの提案を受け入れる見通しから、米国による軍事介入回避観測から上げた様子。
 ユーロは高くもレンジ内。
 ダウは高く、レンジ内を推移するも確りした動き。

 

<工業品>
 この日の工業品銘柄は、米国軍事介入の後退観測から全体的に下値を探る展開になっています。この日の貴金属はレンジ内となるも、パラジウム12月限は中国自動車販売増加観測から買われてプラスサイド。下げが著しかったのがガソリンです。この日も新値を抜く大幅安となっております。尚、今晩の米週間在庫統計の事前予想は下記の通り。

 

 原油…210万バレル減少
 ガソリン…100万バレル減少
 留出油…60万バレル増加

 

<穀物>
 全体的にこの日のレンジ内です。尚、明晩発表の農務省需給報告事前予想は下記の通り。()は8月見通し。

 

(コーン)
 生産高 :136.46億bu(137.63億bu)
 単収  :153.9bu(154.4bu)
 期末在庫:16.97億bu(18.37億bu)

(大豆)
 生産高 :31.49億bu(32.55億bu)
 単収  :41.3bu(42.6bu)
 期末在庫:1.31億bu(2.20億bu)

(小麦)
 期末在庫:5.56億bu(5.51億bu)

 

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。