9月 14 2013

9月14日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルはじり安レンジ内。17-18日のFOMCを見極めたいとのムードが強い様子。
 ユーロもじり安レンジ内。ゴールドマンサックスから、今後3ヶ月のユーロの見通しを1.38ドルに引き上げた事で安値から切り上げた形。
 ダウは高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。

 

<工業品>
 金12月限は安くもレンジ内。9月28日頃に米露のシリア化学兵器の国際管理提案が
再協議を行うとされ、軍事介入の懸念後退から下げた模様。ETFは6.01トンの減少。
 白金族は高くもレンジ内。ドル安に反応。
 ガソリン10月限はじり高レンジ内。安値修正の動き。

 

<穀物>
 全面安です。前日発表された需給報告が弱気だった事に反応しているのがコーン・産地の降雨予報や、現物の下げに反応したのが大豆。

 

 

 

 

 尚、9月10日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金…68724枚(78191枚)
 銀…15834枚(18847枚)
 白金…36933枚(37784枚)
 パラ…22035枚(23423枚)
 原油…334825枚(339348枚)
 コーン…43720枚(38268枚)
 大豆…152815枚(165762枚)

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。