9月 21 2013

9月21日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルは横這い。今週行われたFOMCでの予想外の量的緩和縮小見送りを受け、世界的な株高などを背景にしたリスクオンの動きが一服した様子。
 ユーロは小動き。
 ダウは安くも、今週上抜いた週足レンジ上の15405.16ドルを維持。

 

<工業品>
 金12月限は安い。。米量的緩和の縮小見送りを受けた急騰が修正局面に入った所に、セントルイス連銀ブラード総裁が10月の緩和縮小もあり得ると発言した事から利食い売りが優勢になった模様。ETFは1.81トンの減少。
 白金族は安い。金同様の材料で下げた模様。
 ガソリン10月限は安い。需要シーズン終了や、供給増加観測で圧迫。

 

<穀物>
 大豆は、産地の降雨によって下げた模様。
 コーンは収穫進展によるハーベストプレッシャーに押される。

 

 

 

 

 尚、9月17日現在の海外大口投機家買い越し情況は下記の通り。()前週内容。

 

 

 金…58796枚(68724枚)
 銀…13806枚(15834枚)
 白金…32936枚(36933枚)
 パラ…21923枚(22035枚)
 原油…326831枚(334825枚)
 コーン…74806枚(43720枚)
 大豆…159910枚(152815枚)

 

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。