10月 15 2013

10月15日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは高い。米民主・共和党の両上院院内総務が、財政協議の合意に向けて楽観的な見方を示す中、その後の会談は延期されるも協議進展の期待感や、株式の上昇に追随した様子。
 ダウは高く、今週の週足上値抵抗15340.09ドルが視野に入っています。
 CRB指数は安く頭の重い展開。

 

<工業品>
 金12月限はじり高レンジ内。17日の債務上限引き上げへ向けて、与野党は合意に至るとの楽観的な見方や、週末の大口売り注文が出た事で頭は重い状態。ETFは5.40トンの減少。
 白金族は高くもレンジ内。米与野党の合意に対する期待や、株式の上昇に反応。
 ガソリン11月限はじり安レンジ内。

 

<穀物>
 この日の動きは、全穀物高くもレンジ内。大豆・コーン共に中国の買い付け期待から買われた模様。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 





Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。