10月 29 2013

10月29日 外電報告・穀物輸出検証高・作況報告

<指標系>
 ドルは高い。市場は、今晩から明日までのFOMCに注目が集まっている模様。
 ダウはじり安レンジ内。
 

 

<工業品>
 金12月限はじり安レンジ内。ETFは増減なし。
 白金1月限は高く、この日のレンジを拡大して確り。パラ12月限は高くもレンジ内。南ア鉱山の賃金交渉が行われ、ストを警告している事に反応。
 ガソリン12月限は高く、この日のレンジを拡大した形。シカゴ周辺の製油所の供給障害や、ブレント原油の上昇が要因。

 

<穀物>
 輸出検証高(()は事前予想)と作況の発表がありました。

 

(コーン)
 2651万6000bu(2500万~3300万bu)
  主な成約先…メキシコ1074万bu 日本336万7000bu 中国302万7000bu

 収穫 :59%(平年62%)
 成熟 :98%(平年97%)
 良以上:62%(前週60%)
 劣以下:13%(前週14%)

(大豆)
 8360万4000bu(4500万~5500万bu)
  主な成約先…中国5981.9万bu メキシコ468万9000bu スペイン262.7万bu 

 収穫 :77%(平年77%)
 落葉 :98%(平年99%)

(小麦)
 1630万8000bu(1400万~2700万bu)

 作付け:86%(平年85%)
 発芽 :65%(平年64%)
 良以上:61%(前週65%)
 劣以下:4%(前週4%)

 

 

 大豆の輸出検証高が好調となるも、収穫進展によるハーベストプレッシャーやファンドの手仕舞い売りに押され、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。コーンも実線新値。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。