10月 09 2013

10月9日 外電報告・米石油週間在庫統計事前予想・穀物輸出検証高・四半期在庫事前予想

<通貨・株式>
 ドルは安い。米政府機関の一部閉鎖が続く事による財政協議の行き詰まりや、オバマ氏・べイナー氏のお互いの非難による米議会のデフォルト回避楽観視の後退から下げた模様。
 ユーロは横這い。
 ダウは安く、今週の実線安値を更新。

 

<工業品>
 金12月限はじり安。この日の上値抵抗を抜けずに頭の重い展開。連休明けの中国の動きがなかった事に反応。ETFは1.81トンの減少。
 白金1月限はジリ高レンジ内。本日はパラ12月限の上げが凄いですね。テクニカルの買いで上昇した模様。
 ガソリン11月限はジリ高レンジ内。在庫増加見通しで高値から下押された模様。今晩の米週間在庫統計の事前予想は下記の通り。

 

 原油…94万バレル増加
 ガソリン…57万バレル増加
 留出油…99万5000バレル減少

 

<穀物>
 輸出検証高と四半期在庫の事前予想は下記の通り。

 

(コーン)
 2526万7000bu
 19.41億bu(9月見通し18.55億bu)

(大豆)
 3055万bu
 1.684億bu(9月見通し1.25億bu)
 
(小麦)
 2978万1000bu
 5.236億bu(9月見通し5.61億bu)

 

 四半期在庫は11日の発表予定ですが、政府機関の一部閉鎖により発表は見送られる予定。コーンはファンド売りで・大豆はハーベストプレッシャーで下げている様子。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。