11月 30 2013

11月30日 外電報告・穀物輸出成約高

<指標系>
 ドルは高くもレンジ内。感謝祭の合間で取引参加者が限られる中小動き。
 ダウはじり安レンジ内。週足では上値指向の形。

 

<工業品>
 金2月限は高く、この日のレンジを拡大した形。ドル安や原油高を好感し、週末・月末を控える事から売り方の買い戻しが優勢になった模様。ETFは5.70トンの減少。
 白金族は高くもこの日のレンジ内を推移。南ア・ノーザムは南ア鉱山労働者組合(NUM)のストが4週間目に突入し、経営危機の噂が広がった事が支援材料。
 ガソリン1月限は安くもレンジ内。製油所の操業再開など供給ひっ迫懸念の後退などから下げた模様。

 

<穀物>
 輸出成約高の発表は下記の通り。()は事前予想。

 

(コーン)
 100万7000トン(40万~110万トン)
  主な成約先…仕向け地不明33万9500トン 韓国17万8700トン 中国13万1400トン メキシコ27万5800トン

(大豆)
 177万0800トン(50万~120万トン)
  主な成約先…中国123万2900トン メキシコ7万5200トン イラン6万8300トン

(小麦)
 56万2200トン(事前予想:35万~ 65万トン)

           

 

 大豆1月限は高くもレンジ内。好調な輸出成約高や、米農務省が2014/15年度積みで中国向けに大豆11万トンの大口成約を発表した事に反応。
 コーン3月限は安くもレンジ内。コーン生産高見通しの上方修正予想や、南米産地に生育に適した天気が続く事・大豆とのスプレッド売りも入った様子。

 

 

 

 

 

 来月も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。