12月 19 2013

12月19日 FOMC・バーナンキ議長発言内容・米石油週間在庫統計

 朝方に発表されたFOMCとバーナンキ氏記者会見の内容です。

 

 

<FOMC>
 政策金利を0.25%に据え置く
 債券購入額を750億ドルに縮小                 
 1月から月間の資産購入規模を750億ドルに縮小(従来は850億ドル) 
 米国債を月400億ドル購入へ(従来は450億ドル)                   
 住宅ローン担保証券を月350億ドル購入(従来は400億ドル)       
 緩和縮小・「一段の慎重な措置」は可能                               
 失業率が6.5%を大きく下回るまで異例の低金利継続へ               
 今年のGDPは2.2-2.3%増、来年は2.8-3.2%増         
 参加者の大半が2015年の初回利上げを予想                         
 PCEインフレ率は今年0.9-1.0%・来年は1.4-1.6%     

 

<バーナンキFRB議長>
 回復はまだ完全ではない                               
 財政面での向かい風は弱まる見通し                     
 経済成長に伴いインフレ率は2%に戻る見通し           
 データは労働市場の改善継続を示唆                     
 かなり緩和的な金融政策は依然として適切               
 資産購入は事前に決まった道筋に基づかない

 

 

 

 これを受けて海外商品市場は現在下げています。ドル円は104円台と円安ドル高となっています。国内商品は円安で下げ幅は縮小。尚、この日に発表された米週間在庫統計の内容は下記の通り。()は事前予想。

 

 原油:294万1000バレル減少(350万バレル減少)
 ガソリン:133万7000バレル増加(150万バレル増加)
 留出油:211万バレル減少(60万バレル減少)

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!  

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。