12月 06 2013

12月6日 外電報告・米GDP・週間新規失業保険申請件数・穀物輸出成約高

<指標系>
 この日に発表された米週間新規失業保険申請件数は29.8万人と、事前予想の32万件を大きく割り込んだ事や、米7-9月期GDPが3.6%増と、予想よりも内容が良かった事による早期量的緩和縮小観測が広がるも、株式の高値修正に反応してドルは安い。週足レンジ下の101.58円が視野に入っています。
 ダウは安く、今週の週足レンジ下の15672.00ドルが視野に入っています。
 CRB指数はじり安レンジ内。

 

<工業品>
 貴金属は金を中心に下げています。米経済発表の内容が良かった事によるQE早期終了観測から金2月限はこの日の下値抵抗を割り込んだ様子。
 白金1月限もレンジを割るも、パラ3月限は景気回復観測から上昇。
 ガソリン1月限は安くもレンジ内を推移。

 

<穀物>
 輸出成約高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 59万3600トン(40万~105万トン)
  主な成約先…中国36万2700トン 韓国12万3100トン キューバ10万トン
  キャンセル…仕向け地不明15万8800トン
  
(大豆)
 116万800トン(40万~160万トン)
  主な成約先…仕向け地不明47万3400トン 中国17万6500トン スペイン13万2100トン

(小麦)
 22万9200トン(35万~65万トン)

 

 

 穀物はこの日のレンジ内となる中、小麦3月限が安くこの日のレンジを割り込んだ状態。上記成約高の低調さに反応。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。