1月 10 2014

米12月雇用統計

 米12月雇用統計の発表は下記の通り。()は事前予想。

 

 

失業率:6.7%(7.0%)
非農業部門雇用者数:24万1000人(19万7000人)

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 10 2014

1月10日 雇用統計前に外電レンジを・・・

 今晩の外電レンジです。

 

<指標系>
 ドル…104.38-105.00円
 ユーロ…1.3551-1.3674ドル
 ダウ…16370.97-16576.66ドル

<工業品>
 金2月限…1214.4-1237.9ドル
 白金4月限…1407.3-1425.4ドル
 パラ3月限…733.70-743ドル
 ガソリン2月限…262.28-265.04セント

<穀物>
 大豆3月限…1240-1292.50セント
 コーン3月限…412-432.25セント
 小麦3月限…584.25-600.75セント

 

 

 

 日経平均は16000円回復には至れずに頭の重い展開。再び実線高値の16291.31円を上抜いて引ける力があるかが見所です。国内は明日から3連休に入る為、主明けに外電2日分を吸収してのスタートです。まずは今晩22:30の米12月雇用統計に注目です!!

 

 

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 10 2014

雇用統計待ち

 本日の経済発表事前予想です。()は前回内容。

 

18:30
 英11月鉱工業生産指数:前月比+0.4%(同)
22:30
 米12月雇用統計:失業率7.0%(同)
    非農業部門雇用者数:19.7万人(20.3万人)
    民間部門雇用者数:+19.5万人(+19.6万人)
 カナダ12月雇用統計:失業率6.9%(同)

 

 

 

 市場は今晩22:30の米12月雇用統計待ちです。

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 10 2014

1月10日 外電報告・穀物輸出成約高・需給報告事前予想

<指標系>
 ドルは横這い。この日の発表された米週間失業保険申請件数が33万件と、事前予想を5000件下回った事による週末の雇用統計に対する期待感から下げ幅を縮小した模様。
 ユーロは高い。この日の発表されたユーロ圏経済発表の内容が良くも、ドラギ総裁発言で超低金利政策長期化やデフレ懸念を払拭出来ていない事が示されて上げ幅を縮小。
 ダウはじり安レンジ内。

 

<工業品>
 金2月限はジリ高レンジ内。売り方の買い戻しが中心となった様子。ETFは1.50トンの減少。
 白金族はレンジ内。この日にプラスサイドで引けた白金4月限は、ジンバブエ政府がプラチナ鉱石の輸出税を15%引き上げるとの報で上げた模様。
 ガソリン2月限は安くもレンジ内。前日の在庫増加が引き続きの圧迫要因。

 

<穀物>
 輸出成約高と需給報告事前予想は下記の通り。

 

(コーン)
 15万5300トン(事前予想20万~85万トン)
  主な成約先…日本10万100トン メキシコ7万600トン 韓国5万5000トン
  キャンセル…仕向け地不明8万8200トン

 米国生産高 :140.53億bu(前月見通し139.89億bu)
 米国期末在庫:18.44億bu(前月見通し17.92億bu)

(大豆)
 15万6200トン(事前予想45万~115万トン)
  主な成約先…中国38万7900トン オランダ6万5300トン チュニジア3万トン
  キャンセル…仕向け地不明39万4800トン

 米国生産高 :32.70億bu(前月見通し32.58億bu)
 米国期末在庫:1.507億bu(前月見通し1.50億bu)

(小麦)
 29万4800トン(事前予想20万~45万トン)
 米国期末在庫:5.588億bu(前月見通し5.75億bu)

 

 

 今晩の需給報告で生産高の上方修正が予想されて、コーンと小麦は新値抜き。大豆3月限は下げなかった事で買い戻しが入った模様。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。