1月 14 2014

1月14日 外電抵抗値

 今晩の外電レンジです。

 

<指標系>
 ドル…1401.95-103.36円
 ユーロ…1.3618-1.3761ドル
 ダウ…16121.54-16494.14ドル

<工業品>
 金2月限…1230.1-1274.4ドル
 白金4月限…1430.1-1473.4ドル
 パラ3月限…722.95-747.75セント
 ガソリン2月限…262.26-266.91セント

<穀物>
 大豆3月限…1289-1326.75セント
 コーン3月限…432.75-443.7セント
 小麦3月限…569-595セント

 

 

 

 日経平均は大幅安でした。この辺りで切り返さない場合は下値探りとなりそうで、その場合は週足の15203.77円・14561.54円が視野に入りそうです。現在のドル円は103.40円台を推移。今晩のNY引けが103.36円を維持して引けるかが必見です!!

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 14 2014

ドルに左右される国内商品

 本日の経済発表事前予想です。()は前回内容。

 

18:30
 英12月生産者物価指数:前月比+0.5%(+0.1%) 前年比+2.1%(同)
    消費者物価指数:前月比+0.9%(+0.7%) 前年比±0(-0.1%)
    小売物価指数 :前月比+0.5%(+0.1%)
19:00
 ユーロ圏11月鉱工業生産指数:前月比+1.4%(-1.1%)
22:30
 米12月小売売上高:前月比+0.1%(+0.7%)

 

 

 

 ドル円を中心に上下動していますね。これだけの円高ですから、戻れば国内商品も期待感で上昇するのでしょうね。本日の新規は買いが多いか売りが多いか見所ですね!!

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 14 2014

1月14日 外電報告・穀物輸出検証高

<指標系>
 ドルは下落。週末の雇用統計で非農業部門雇用者数の大幅減少から、FRBによる量的緩和の縮小ペース鈍化思惑で下げた模様。この日のレンジを割り込んで下値探りの展開。
 ユーロは高くもレンジ内。対ドルでの動き。
 ダウは安く、この日のレンジを割り込んで下値探りの展開。

 

<工業品>
 金2月限はジリ高レンジ内。引き続き米12月雇用統計によるドル安に反応。ETFは増減なし。
 白金族は白金高パラ安。パラ3月限は、米株式安に反応。
 ガソリン2月限は安く、この日のレンジを割り込んだ状態。ブレント原油安に反応。

 

<穀物>
 輸出検証高の内容は下記の通り。()は事前予想。

 

(コーン)
 2090万2000bu(2100万~2800万bu)
  主な成約先…日本949.4万bu メキシコ489.0万bu ペルー235.2万bu

(大豆)
 5938万1000bu(4000万~6000万bu)
  主な成約先…中国4356.1万bu スペイン471.2万bu ポルトガル249.3万bu

(小麦)
 2519万bu(1300万~1900万bu)

 

 

 好調な成約高は大豆・低調はコーン。この日の穀物は全面高。コーンは売り越しを膨らませたファンドの買い戻し予想で買われ、大豆は好調な成約高による需要楽観視から買われた様子。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。