2月 20 2014

2月20日 外電報告・FOMC・米石油週間在庫統計事前予想

<指標系>
ドルは安く朝方に102円割れとなるも、現在は102円台を回復。FOMC議事録では量的緩和縮小継続が示唆され、「失業率低下に伴い、金利ガイダンスを変更」する事などが示されたものの市場は特に反応せず。一方で、IMFがユーロ圏のデフレや新興国市場の混乱長期化が世界経済見通しを脅かしていると警告した事などから、米株式相場が中盤以降下げに転じた事で頭の重い展開。
ユーロも安くも、この日のレンジ内を推移。FOMC後の手仕舞い売りに押された模様。
ダウも安くもレンジ内。

<工業品>
金4月限は安く、この日のレンジを割り込んで下値探りの展開。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が、インド政府高官からの引用として2月末までに金輸入税が引き下げられる(現行⑩%から2~4%へ)公算が高いと報じられるも、FOMC議事録公開で失業率目標達成後の利上げについて言及された事が嫌気され、一時1308ドルまで下落。現在は1310ドルを維持した状態。ETFは増減なし。
白金族は白金4月限は変わらず・パラ3月限はじり安でともにレンジ内。FOMC待ちといった所だったが、FOMC後に下値を探る展開になっています。
ガソリン4月限は安くもレンジ内。在庫減少見通しや、製油所のメンテナンスによる供給ひっ迫観測が引き続き強材料となるも、上げすぎ感などから高値修正の動きに押された様子。尚、今晩の米石油週間在庫統計事前予想は下記の通り。

 原油  :200万バレル増加
ガソリン:70万バレル減少
留出油 :200万バレル減少

<穀物>
 この日はコーン小麦高・大豆安。大豆は上げすぎ感から下げ、コーンはこの日のレンジを拡大。コーンの輸出で競合するウクライナの政情不安や、小麦の急伸から上げた模様。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。