2月 04 2014

2月4日 外電報告・穀物輸出検証高

<指標系>
ドルは大幅安。この日発表された1月の米ISM製造業景況指数が51.3と事前予想(56.0)を大きく下回った事や、引き続き新興国市場経済の懸念・株式の下落から下値を探る展開。週足レンジの100.64円を意識しています。  ユーロは高くもレンジ内。1月のユーロ圏製造業景気指数改定値の上方修正や、1月の米ISM製造業景況指数の予想以上の低下などを背景に、ショートカバーなどポジション調整絡みの動きに支えらちゃ恰好。  ダウは大幅安となり、この日のレンジを割り込んで下値探りの展開。

<工業品>
新興国不安や、米景気減速で米国株が大幅安となったことに反応して金が上昇。4月限はこの日のレンジを上抜いて確り。これに追随した白金族も高く、白金4月限はレンジを拡大するもパラはレンジ内を推移。南アの鉱山ストが続いていることも強材料。この反面、ガソリン3月限は大幅安となってレンジを割り込んだ状態。需要の先行き懸念やブレント原油安などが嫌気された模様。

<穀物>
 輸出検証高の内容は下記の通り。()は事前予想。

 

(コーン)  2164万4000bu(2700万~3800万bu)
主な成約先…日本739.9万bu メキシコ523.1万bu 台湾298.6万bu

(大豆)
4543万5000bu(4000万~6500万bu)
主な成約先…中国2651.4マンbu オランダ292.6万bu スペイン270.7万bu

(小麦)  1165万3000bu(1800万~2400万bu)

 

 この日は全面高。大豆・コーン・小麦高となってこの日のレンジを拡大しています。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 





Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。