3月 20 2014

3月20日 FOMCとイエレン議長記者会見・米石油週間在庫統計

 FOMCの結果は下記の通り。()は前回内容。

 

 政策金利:0.25%(0.25%)
 住宅ローン担保証券買入れプログラム :月間250億ドル(月間300億ドル)
 米国債買入れプログラム:月間300億ドル(月間350億ドル)
 資産買入れプログラム総額:月間550億ドル(月間650億ドル)

 

 

 

 市場は予想通りの内容となるも、その後のイエレン議長の記者会見で、利上げ時期について量的緩和終了からおよそ6ヶ月後になる可能性を示したが、具体的なタイミングに関しては言及しなかった様子。今回で3回目となる100億ドルの資産購入削減で、このペースを維持するなら年末に購入プログラムが終わり、来年半ばには金融引き締めとなりそうだとの予想。これを受けて海外商品は夜間取引で更に下げ幅を拡大。国内はドル高円安で支えられるも、本日の動向は必見です。

 

 

 また、この日の発表された米石油週間在庫統計の内容は下記の通り。()は事前予想。

 

 原油:585万バレル増加(275万バレル増加)
 ガソリン:146万7000バレル減少(155万バレル減少)
 留出油:309万7000バレル減少(80万バレル減少)

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。