3月 25 2014

3月25日 外電報告・穀物輸出検証高

<指標系>
 ドルは横這い。中国経済の減速懸念の強まりや、クリミア自治共和国のロシア化の進展による欧米勢の制裁強化の思惑から頭の重い展開。
 ユーロは高くもレンジ内。欧米勢の対ロ制裁強化も、軍事衝突へと発展する恐れがないとの見方から上昇。
 ダウは安く頭の重い展開。

 

<工業品>
 金6月限は安く、この日のレンジを割り込んだままで下値探りの展開。週末のFOMCで、イエレン議長が利上げ前倒しを示唆した事が引き続きの材料。ETFは4.50トンの増加。
 白金族は白金安パラ高。この日はロシアのパラジウム禁輸懸念や南アストによる供給懸念・南アでパラジウムETFが上場される予定される事からパラが高値更新。白金は近位追随。
 ガソリン5月限は安くもレンジ内。

 

<穀物>
 輸出検証高は下記の通り。()は事前予想。

 

(コーン)
 114万2722トン(76.2万~115万トン)
  主な成約先…メキシコ31万5168トン 日本24万3102トン コロンビア9万6105トン

(大豆)
 73万2132トン(68万~105万トン)
  主な成約先…中国38万3289トン インドネシア10万2973トン オランダ8万994トン

(小麦)
 52万4857トン(38.5万~62.6万トン)

 

 本日はコーンと小麦がレンジを拡大。飼料需要の増加や、米国の季節外れの寒波予報による作付け遅れ懸念から上昇した様子。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。