3月 04 2014

3月4日 外電報告・穀物輸出検証高

<指標系>
 ドル・ユーロは安い。ウクライナ情勢の緊迫化や、欧米株式の下落に伴った形。
 ダウは安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。

 

<工業品>
 金4月限は高くもレンジ内。ウクライナへのロシア軍事介入による地政学リスクで逃避買いが入った模様。ETFは増減なし。
 白金族はパラ6月限が高く、上値余地を残した形。金や白金の上昇に追随するも日足は確り。
 ガソリン4月限は高く、この日のレンジを上抜いて確り。地政学リスクの高まりから買われた模様。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 104万4300トン(55万~83.8万トン)
  主な成約先…日本22万9899トン 韓国19万4204トン メキシコ18万3979トン

(大豆)
 98万4181トン(90万~130.6万トン)
  主な成約先…中国61万4435トン インドネシア12万7859トン スペイン6万3072トン

(小麦)
 60万9867トン(25万~45万トン)

 

 ウクライナ産コーンや小麦の流通不安から両市場は高く、この日のレンジを拡大して確り。大豆はウクライナ産の穀物に大豆が入っていない事から上げ幅を吐き出してマイナスサイド。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 





Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。