5月 15 2014

5月15日 気になっていた白金族とガソリンの動向・米石油週間在庫統計

 この日のドルは安く、日足レンジを割り込んだ状態。10年物米国債の利回り低下に反応。ユーロはじり高レンジ内。引き続き6月のECB理事会での追加緩和観測の高まりから頭を押さえられた形。ダウは安くもレンジ内。

 

 

 さて、注目の白金族とガソリンは大幅高となっており、この日のレンジを拡大してパラ6月限は新値。白金族は引き続き南アストや、ウクライナ情勢を巡る欧米との対立を受によるロシアからの輸出に対する不透明感から買われた模様。ガソリンは、この日に発表された米週間在庫統計で在庫が減少した事に反応。金7月限は高くも、この日のレンジを拡大出来ずに頭の重い展開。ETFは増減なし。

 

 

 

 尚、米週間在庫統計の内容は下記の通り。()は事前予想。

 

 原油  :94万7000バレル増加(50万バレル減少)
 ガソリン:77万2000バレル減少(30万バレル増加)
 留出油 :112万4000バレル減少 (50万バレル増加)

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 





Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。