5月 23 2014

5月23日 外電報告・米経済指標と金・インド緩和

 この日の外電は、米週間失業保険申請件数が増加するも、5月米PMIの上昇や米中古住宅販売件数が4ヶ月ぶりに増加した事で強弱まちまち。ドルは株式や10年物国債利回り上昇に反応して上値指向。ユーロは、引き続き6月のECB理事会による追加緩和の可能性から下値探りの展開。ダウはじり高。

 

 

 さて…この日のNY金市場は、米週間失業保険申請件数の増加によるドル高や、インドの政権交代による金輸入規制の一部緩和(関税引き下げではない)・FRBの量的緩和や超低金利政策の出口戦略を検討するも、金利引き上げに慎重姿勢を維持した事から買われ、一時1300ドルへ回復。この日のレンジを上抜くも、引けはレンジ内で頭の重い展開。この日は白金7月限が大幅高で新値抜きです。南アストや、ストを行っていない組合員に対する暴行事件から買われた模様。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。