6月 11 2014

6月11日 NY白金族に追随・米石油週間在庫統計事前予想

 この日の通貨市場は、ドル・ユーロ共にこの日のレンジを割り込んだ状態。ドルは米景気の先行き期待が強まる一方、FRBが量的緩和終了後の利上げ開始時期を早める議論が高まる様な環境でない事で下げるも、日本の一部経済指標で内容の弱いものが見受けられるものの、12-13日開催の日銀金融政策決定会合での追加緩和の可能性はなく、大幅下落には至らず。また、ユーロは先週のECBの追加緩和による高利回り資産への資金流出の動きが 進む見込みからから大きく下げた様子。ダウはじり高。

 

 

 また、この日の海外商品市場は白金の上昇が凄まじかったですね!!南ア・プラチナ鉱山のストは5カ月目に突入し、機会損失は20億ドルを超えたと推測され、南ア鉱物資源相の調停にも関わらず賃金交渉が決裂した事から、スト解決に対する失望感が広がった模様。これを受け白金7月限はこの日のレンジを拡大して確り。金7月限は、白金高に追随して上昇した様子。ETFは増減なし。引き続き現物買いは入っていない様子。尚、今晩の米石油週間在庫統計事前予想は下記の通り。

 

 

 原油  :150万バレル減少
ガソリン:100万バレル増加
留出油 :100万バレル増加

 

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。