6月 03 2014

6月3日 外電報告と穀物作況報告・週間輸出検証高

 この日のドルは上昇してレンジを拡大。10年物米国債の利回り上昇や、日本の年金積立金管理運用独立行政法人による海外資産購入観測から上値を切り上げた模様。ユーロは引き続き5日のECB理事会での利下げが決定的な事から下値を切り下げる展開。市場の関心は、緩和措置の内容に集まっている様子。ダウは高く新値抜き。

 

 

 海外商品市場は、ドル・株高を受けて全面安。金8月限は、アジア勢の現物需要に盛り上がりが欠けている事から先安観が強い様子。ETFは増減なし。尚、この日の発表された穀物輸出検証高と作況報告は下記の通り。

 

(コーン)
 輸出検証高:97万6061トン(事前予想80万~125万トン)
  主な成約先…日本21万958トン 韓国13万2695トン メキシコ13万1397トン
 作付け:95%(平年94%)
 発芽 :80%(平年80%)
 良以上:76%
 劣以下:2%

(大豆)
 輸出検証高:15万6364トン(事前予想7万~12.2万トン)
  主な成約先…メキシコ5万9668トン 日本4万7038トン 韓国2万6568トン
 作付け:78%(平年70%)
 発芽 :50%(平年45%)

(小麦)
 輸出検証高:51万4667トン

 

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。