6月 05 2014

6月5日 外電報告・米ADP雇用統計と石油週間在庫統計

 この日の海外市場はドル高・株高・ユーロ安。発表された米ADP雇用統計の雇用者数は17万9000人増加と、事前予想の21万人増加を下回るも、5月ISM非製造業景況感指数が事前予想を0.8上回る56.3となった事・10年物国債利回りの上昇からドルは上値を切り上げる展開。ユーロは今晩のECB理事会待ちといった所。ダウは実線での新値抜きには至れず。

 

 

 この日の海外商品市場はレンジ内で小動き。金8月限は、ドル高・株高で上値を伸ばせない状態。また、インドの財務省高官が、7月の連邦予算までに金の輸入規制が一層緩和される可能性は低いと語った様子。輸入規制を行い、金の輸入は40%急減するも経常赤字が324億ドルまで縮小。これによって同国中央銀行は5月後半に金の輸入規制を一部緩和している。ただし輸入関税は10%に据え置いたまま。今後もインドの現物買いは入らないニュアンス。ETFは増減なし。尚、この日の発表された米石油週間在庫統計は下記の通り。()は事前予想。

 

 原油  :343万1000バレル減少(25万バレル減少)
 ガソリン:21万バレル増加(40万バレル増加)
 留出油 :201万2000バレル増加(70万バレル増加)

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。