7月 09 2014

7月9日 外電報告・米石油週間在庫統計

 ドルが先週の戻りを吐き出す下げとなっています。株式の下落や米長期金利の低下から下げている様子。週足一目雲101.59円を割り込むも、月足一目転換線101.50円は維持した形。ユーロは対ドルで高くもレンジ内。ダウは安くもレンジ内を推移。この辺りで揉み合うかが重要。

 

 海外商品市場は改質ガソリン8月限が安くもこの日のレンジ内。ブレント原油安に追随。当商品は、世界的な供給増加見通しから下げた模様。金8月限は安くもレンジ内。雇用拡大といった米景気回復や、前日の株式の高値更新から安全への需要低下観測が広がった様子。ETFは増減なし。尚、今晩の米石油週間在庫統計事前予想は下記の通り。

 

 原油  :250万バレル減少
 ガソリン:40万バレル減少
 留出油 :140万バレル増加

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。