9月 23 2014

9月23日 外電報告と経済指標事前予想

 この日の金12月限はじり高。年初来の安値更新に至れなかった事から戻り基調となるも、世界最大の金ETF保有金残高は2008年以来の低水準に減少している事や、相場下落にもかかわらずインド・中国の現物需要が盛り上がらない事から上げ幅も小さく、この日のレンジ内を推移。また、注目していた改質ガソリン10月限は安く、頭が重くなっています。

 

 

 

 日本は秋分の日で休場。今晩の外電次第で明日の相場動向が決まりますが、今晩の主要経済指標に注目材料はなく、海外市場は戻り売りの流れに変化は感じられません。

 

 

 

 

 尚、本日の経済発表事前予想は下記の通り。()は前回内容。

 

 

10:45
中国HSBC製造業購買担当景気指数:50.0(50.2)
21:30
カナダ7月小売売上高:前月比+0.5%(+1.1)

 

 

 

 

 

 皆さんが良き休日となります様に・・・。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。