9月 30 2014

9月30日 外電レンジ報告・穀物四半期在庫事前予想

 今晩の外電レンジです。

 

<工業品>
 金12月限…1208.8-1225.3ドル
 白金1月限…1306.3-1315ドル
 パラ12月限…778.50-800ドル
 ガソリン11月限…248.16-253.47セント

<穀物>
 大豆11月限…907.25-972セント
 コーン12月限…322.25-339.25セント
 小麦12月限…470.25-474.75セント

 

 

 

 今晩の米農務省四半期在庫事前予想です。

 

 コーン…11.81億bu
 大豆…1.30億bu
 小麦…18.94億bu

 

 

 

 発表は日本時間AM1時です。

 

 

 

 

 本日は日経平均が200円以上下げるも、引けは137.12円安の16173.52円で取引を終了。今週考えている週足基本レンジは15912.06-16321.17円で見ており、レンジ下を試すなら買いを継続させる週だと思っています(投資家としての感想ですが…)。

 

 内外商品市場は、穀物が一旦出直りとなるか?今晩の四半期在庫は今後の相場を方向付けする材料になりそうですね!!金は内外レンジ内の動きとなっており、ここから放れた方へ付いて行く銘柄でしょう…。今晩のレンジは必見!!

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 30 2014

経済指標事前予想と内外注目銘柄

 本日の経済指標事前予想です。()は前回内容。

 

10:45
 中国9月HSBC製造業購買担当景気指数:50.5(同)
16:55
 独9月雇用統計:失業率6.7%(同)
    失業者数:-2000人(+2000人)
17:30
 英第2四半期GDP:前期比+0.8%(同)前年比+3.2%(同)
18:00
 ユーロ圏8月雇用統計:11.5%(同)
22:55
 米9月ミシガン大学消費者信頼感指数:92.5(92.4)

 

 

 

 

 本日の日経平均は150円前後安く推移。明日から国慶節で5連休となる中国の経済発表があります。現在の上海市場はじり高。

 

 国内商品市場は朝から小動き。今朝の入電を見ると、シカゴの穀物が出直りムードとなって来た様に感じますが…。金は内外共にレンジ内の動きが続いており、そろそろ痺れをきらす売買方が出て来そう…。

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 30 2014

9月30日 穀物輸出検証高・作況報告とこの日のドル円

 穀物作況報告・輸出検証高は下記の通り。

 

(コーン)
 60万1825トン
  主な成約先…日本20万8751トン メキシコ12万8717トン コロンビア12万161トン

 収穫 :12%(平年23%)
 成熟 :60%(平年70%)
 デント:96%(平年97%)
 良以上:74%(前週74%)
 劣以下:7%(前週7%)

(大豆)
 68万7191トン
  主な成約先…中国43万8475トン オランダ7万5500トン ドイツ6万5964トン

 収穫 :10%(平年17%)
 落葉 :64%(平年71%)
 良以上:72%(前週71%)
 劣以下:6%(前週7%)

(小麦)
 57万3647トン

 

 

 

 大豆・コーン共に作況は前週から改善していますが、この日は前週の下げに対する自立反発か!?大豆11月限の日足が、いったん出直りとなりそうな暗示。

 

 

 また、この日のドルは高くも日本時間の高値を攻略するには至れず。日本時間は、安倍首相の衆院本会議所信表明演説でデフレ脱却を目指し、引き続き経済最優先で政権運営に当たる決意を表明した事で109.74円まで上昇。10年物米利回り低下で下げるも、シカゴ連銀のエバンス総裁が「(来年)6月の利上げの可能性はもちろんある」との見方を示した事で上昇。市場は2日のECB理事会や、週末の米10月雇用統計待ちか!?

 

 

 工業品は小動きでレンジ内を推移。金ETFは1.20トンの減少。ガソリン11月限は製油所の閉鎖等、供給逼迫懸念で上昇した様子。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。