9月 25 2014

9月25日 貴金属壊れた!!

 白金族が壊れた!!

 次は金か!?

 

 

 ズバリ!!貴金属の買い場値段をお伝えします!!

 

 

 

 コチラをクリックしてお試し無料会員登録をどうぞ!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 24 2014

9月24日 本日の経済指標と金・ガソリンレンジ

 本日の経済指標事前予想です。()は前回内容。

 

 オバマ大統領国連総会参加(30日まで)
17:00
 独9月ifo景況感指数:105.8(106.3)
23:00
 米8月新築住宅販売件数:前月比+4.4%(-2.4%)

 

 

 

 今晩からオバマ大統領が国連総会に参加です。最近はホワイトハウスでの問題等国民性にも変化が出て来たのでしょうか?今回の空爆を受けて、国連総会でも議題になるそうですが、長引いているだけに早期解決には至れそうもありません。今晩の海外レンジは、金12月限が1214.9-1225.9ドル・改質ガソリン10月限で260.40-262.51セントで見ており、金はギリギリのレンジ内・ガソリンはレンジを割り込んでいます。今晩の引値は必見です!!

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 24 2014

9月24日 シリア空爆を受けて・米石油週間在庫統計事前予想

 昨日のシリア空爆を受けて、金は買われるも米早期利上げ観測や、現物需要の盛り上がりが欠けている事から上値も重く推移。ETFは1.79トンの減少。また、前日に下げたガソリン10月限も、米在庫減少予想を受けてほほ往って来いの展開。今晩発表される米石油主観在庫統計事前予想は、原油が前週比100万バレル増・ガソリンは30万バレル減・留出油は35万バレル増。

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 23 2014

9月23日 外電報告と経済指標事前予想

 この日の金12月限はじり高。年初来の安値更新に至れなかった事から戻り基調となるも、世界最大の金ETF保有金残高は2008年以来の低水準に減少している事や、相場下落にもかかわらずインド・中国の現物需要が盛り上がらない事から上げ幅も小さく、この日のレンジ内を推移。また、注目していた改質ガソリン10月限は安く、頭が重くなっています。

 

 

 

 日本は秋分の日で休場。今晩の外電次第で明日の相場動向が決まりますが、今晩の主要経済指標に注目材料はなく、海外市場は戻り売りの流れに変化は感じられません。

 

 

 

 

 尚、本日の経済発表事前予想は下記の通り。()は前回内容。

 

 

10:45
中国HSBC製造業購買担当景気指数:50.0(50.2)
21:30
カナダ7月小売売上高:前月比+0.5%(+1.1)

 

 

 

 

 

 皆さんが良き休日となります様に・・・。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 22 2014

9月12日 今晩はひとまず・・・

 今晩の外電レンジです。

 

 

<工業品>
 金12月限…抵抗値段1216.9ドル
 白金10月限…抵抗値段1336.7ドル
 パラ12月限…772.40-826.50ドル
 ガソリン10月限…抵抗値段251.48セント

<穀物>
 大豆11月限…抵抗値段957.75セント
 コーン12月限…抵抗値段331.75セント
 小麦12月限…抵抗値段474.25セント

 

 

 

 今晩の外電は、今夕の国内夜間取引で反映とされると思いますので、明礬の外電が必見!!ひとまず今晩は上記低浮こう値段を維持出来るかを見ておきます。

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 22 2014

内外金とドルが見所!!

 円高で、国内商品市場の頭が重くなっています。金はここから切り返して引けるかがポイント!!NY金は、今晩で1216.9ドルを維持出来るかがポイント!!大幅安となっているドルも、後場に切り返して来るかが見所です!!

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 22 2014

9月22日 G20結果と今週の重要経済指標

 今週の重要経済指標です。

 

22日
 第69回国連総会(30日まで)
 米8月中古住宅販売件数
 ドラギ総裁欧州議会出席
23日
 中国HSBC製造業購買担当景気指数)
24日
 独9月ifo景況感指数
 米8月新築住宅販売件数
 オバマ大統領国連総会参加
25日
 米新規失業保険申請件数
  8月耐久財受注
 オバマ大統領国連総会演説
26日
 日本8月消費者物価指数
 米第2四半期GDP
 米9月ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

 

 19日からオーストラリア・ケアンズで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は21日、景気の落ち込みに対処する為、各国に必要に応じて機動的な財政出動を求める共同声明を採択して閉幕した。世界経済に関しては、ウクライナ問題や中東情勢などを念頭に「地政学的緊張を含む下方リスクが残っている」と指摘し、世界経済については「一部主要国の力強い経済状況を歓迎する」としながらも、「成長にはばらつきがある」との認識を表明。その上で各国が会議で報告した成長戦略により、2018年までにG20全体の経済成長率が1.8%押し上げられるとの試算を示した。今後5年間で成長率を2%引き上げる目標の実現に向け、「追加的な施策を進める」と強調した。
 今週は、今晩から30日まで開かれる国連総会での要人発言や週末の米経済指標に注目。

 

 

 現在ドル円は109円を中心に上下動しています。ある程度イベントも終了した所で修正も入り易くなるか?

 

 

 

 

 今週も宜しくお願い致します!! 

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 20 2014

9月20日 海外大口投機家建玉状況・外電報告

 9月16日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…72187枚(95141枚)
銀…10912枚(16537枚)
白金…33316枚(37624枚)
パラ…29505枚(30090枚)
原油…297281枚(299982枚)
コーン…81751枚(70256枚)
大豆…31642枚売り越し(22680枚売り越し)

 

 全体的に買い越し幅が減少しております。

 

 

 

 この日の外電は、スコットランド独立否決を受けたドル高加速や、金融市場全体に米景気拡大による早期利上げ観測を織り込む流れが続いている為、金を筆頭に下落。また在庫減少から大きく上値を伸ばしたのはガソリンです。もう一段上値を伸ばすとかなり良くなりますので、週明けの相場は見所です。

 

 

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 19 2014

9月19日 スコットランド独立反対派勝利!!

 これを受けて午後からのマーケットは荒れましたね!!金も久しぶりに内外乱高下でした。今晩のNY12月限レンジは1223.1-1240ドルで見ており、どちらへ抜けるかが重要!!

 

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 19 2014

スコットランド独立どうか?

 本日の経済発表事前予想です。()は前回内容。

 

21:30
 カナダ8月消費者物価指数:前年比+2.1%(同)
23:00
 米8月景気先行指数:前月比+0.4%(+0.9%)

 

 

 

 本日の注目は、スコットランドの独立をめぐる住民投票。日本時間の今朝6時に投票は終わって日本時間の日中にも結果が判明するはずです。ドル・ポンドの動きが凄まじいですね!!お昼前後にも動きが出て来そうです!!

 

 株式や通貨が大きく動く中、商品は冴えない動きですね・・・。金は夜間取引で1220ドルを割り込むもドル高円安で帳消し・・・。寧ろ円安に反応するといった形・・・。コーンはこの円安に無反応・・・。

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。