10月 31 2014

日銀金融政策決定会合

 本日の経済指標事前予想です。()は前回内容。

 

15:00
 日銀展望レポート
15:30
 黒田総裁記者会見
19:00
 ユーロ圏9月雇用統計:失業率11.5%(同)
     10月消費者物価指数:前年比+0.8%(同)
21:30
 米第3四半期雇用コスト指数:+0.5%(+0.7%)
22:55
 米10月ミシガン大学消費者信頼感指数:86.4(同)

 

 

 

 まずはお昼頃に終了する日銀金融政策決定会合と、その後の黒田総裁の記者会見まで注目!!

 

 

 ドル円は現在109.30円台を推移。

 

 

 日本は明日から3連休ですので、本日で方向性が決まって来るか!?

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 31 2014

10月31日 穀物輸出成約高とNY金

 穀物輸出成約高は下記の通り。()は事前予想。

 

(コーン)
 53万4300トン(50万~110万トン)
  主な成約先…韓国13万4600トン メキシコ9万2200トン ペルー8万8700トン

(大豆)
 132万6100トン(70万~180万トン)
  主な成約先…中国105万500トン ポルトガル7万1500トン エジプト6万6000トン

(小麦)
 45万9100トン(30万~45万トン)

 

 

 

 あまり冴えない発表でした。大豆の中国向けは、前年同期比106万トン程の減少。

 

 

 この日は、前日のFOMC結果による利上げ観測の強まりから金が安く、NY12月限は1200ドルを割り込んだ状態。ETFは1.20トンの減少となっており、ここ最近の減少傾向も売りを誘った要因。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 30 2014

10月30日 今晩の工業品重要!!

 NY金12月限で1209.8ドル・白金1月限で1257.9ドル・パラジウム12月限が778ドル・ガソリン12月限が213.35セントを維持出来るかが重要!!

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 30 2014

次は日銀金融政策決定会合

 本日の経済指標事前予想です。()は前回内容。

 

 

 日銀金融政策決定会合:31日迄
17:55
 独10月雇用統計:失業率6.7%(同)
    失業者数:+4000人(+12000人)
21:30
 米新規失業保険申請件数:28.5万件(28.3万件)
 米第3四半期GDP:前期比年率+3.0%(+4.6%)
22:00
 独10月消費者物価指数:前月比-0.1%(±0.0%) 前年比+0.9%(+0.8%)

 

 

 

 

 FOMCも終え、市場は本日から2日間行われる日銀金融政策決定会合が注目材料。日米金融政策の違いから、ドル高円安傾向は不変。現在のドル円は109円をマーク!!本日のNY市場で見ている109.00円を上抜いて推移しています。

 

 

 国内商品は、円安を受けて朝から持ち直しており、東京ゴムは先程CB発動!!

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 30 2014

10月30日 米石油週間在庫統計とFOMC後の外電

 原油:206万1000バレル増加(事前予想 365万バレル増加)
 ガソリン:123万6000バレル減少(事前予想 90万バレル減少)
 留出油:529万4000バレル減少(事前予想 140万バレル減少)

 

 

 

 製品の予想以上の在庫減少に原油相場も反応。またOPECのバドリ事務局長が、「最近の価格下落は需給バランスを反映していない。」と述べた事も要因。

 

 

 この日のマーケットはFOMC待ちとなり、結果公表後に反応して下値を探る展開になっています。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 30 2014

10月30日 FOMC声明文

①「今月資産購入プログラムを終了することを決定」
②「今月資産購入プログラムを終了した後も(予想インフレ率が2%の長期目標を下回り、長期的なインフレ期待が十分に抑制されれば)相当な期間FF金利を維持することが適切」
③「労働市場の状況は健全な雇用の増加や失業率の低下とともに幾分さらに改善されている」
④「広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が徐々に減少していることを示唆している」
⑤「雇用と物価の回復が早まれば利上げは予想より早くなり遅ければ予想より遅くなる」
⑥「経済活動の成長は緩やかなペースで拡大している」
⑦「二大目標に近づいても経済状況次第で低金利を正当化」
⑧「2%物価目標を下回り続ける可能性は年初からやや減少」
⑨「コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁はインフレ見通しの鈍化と長期インフレ予想を考慮し、インフレ見通しが2パーセントに戻すまで少なくとも1~2年はFF金利を維持し、資産購入プログラムを現在の規模で維持するべきとして反対票を投じた」

 

 

 

 特に大きなサプライズはなし。

 

 

 

 現在ドル円は108.80円台。

 ダウは31ドル程安く推移。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 29 2014

FOMCを前に・・・

 FOMCを前にドルは108円中心に上下動しています。今晩のNY市場では、108.15円を上抜いて引ければ日足は良好で見ています。

 

 

 今回は、イエレン議長の会見がないだけに市場へのインパクトは少なそうですが、事前予想通りの内容となるのか・利上げ時期の発表があるのかが注目ポイント!!

 

 

 

 国内商品は小動き。静かにFOMCを待つのみ…。

 

 

 

 

 本日はAM3時に再び相場をチェックします!!

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 29 2014

FOMC事前予想

 政策金利:0.00-0.25%据え置き
 QE縮小終了

 

 

 

 尚、今晩はイエレン議長の発言はなし。

 本来であればドル高材料です。

 

 現在ドル円は108.10円台をキープ。朝方とほぼ変わっていません。

 

 

 国内商品も朝方からほぼ変わらず。

 

 

 日経平均は上値切り上げ中。

 

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 29 2014

10月29日 米石油週間在庫統計事前予想・外電報告

 米石油週間在庫統計事前予想は下記の通り。

 

 原油:380万バレル減少
 ガソリン:70万バレル減少
 留出油:145万バレル減少

 

 

 

 減少予想。これを受けて安値から切り返した形。

 

 

 

 この日はFOMC待ちといった流れで殆どが小動き。この日の発表された米消費者信頼感指数は94.5と、事前予想の86.0を大きく上回り、2007年10月以来の高水準となった事からドルが再び108円台をマーク。現在も108円をキープしています。

 

 

 海外商品はほぼ小動きとなる中、白金族が確り。金ETFは増減なし。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 28 2014

10月28日 本日の海外市場・FOMC予想

 今晩のNY金12月限は1226.3ドルを上抜いて引けるかがポイント。現在夜間取引は1229ドルを中心に上下動。次のポイント値段は1230.6ドル。
 白金1月限は1256ドルを維持出来るか?パラジウム12月限は784.15ドルを上抜いて引けるかがポイント。
 ガソリン12月限は213.99セントを上抜くと日足好転で見ています。

 

 

 

 

 本日の日経平均は58.81円安の15329.91円で取引を終了。少し頭が重くなっています。

 

 

 ドル円は108.00円を上抜いて引けるかが重要!!

 

 

 

 

 今晩から明日までのFOMCは、資産買入終了・FF金利は0.00-0.25%で据え置き予想となっています。

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。