10月 27 2014

10月27日 今週の重要経済指標とストレステスト結果

28日
 FOMC(29日まで)
29日
 FOMC政策金利
 FRB住宅ローン担保証券買入プログラム
 FRB米国債買入プログラム
30日
 ニュージーランド準備銀行政策金
 米第3四半期GDP
31日
 日銀金融政策決定会合
 黒田総裁記者会見
 米10月ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

 

 今週はFOMCと日銀金融政策決定会合が注目材料です。

 FOMCは政策金利を0.25%に・資産買入プログラムは月間150億ドルの据え置きとなるのかが注目所。

 

 今週は日米の戦略の違いからドル高円安傾向継続なるか!?

 

 

 

 また、週末に発表されたユーロ圏ストレステストの結果は、25行が不合格となった模様。このうちの12行は既に約150億ユーロの増資を行って資本不足を解消。残りの13行は本不足のまま。25行の内訳は、イタリア9行・ギリシャ3行・キプロス3行。この時間の円は、寄付き安寄り後に独歩高となっています。

 

 

 

 

 

 海外商品は金が安寄りしています。

 

 

 

 

 

 今週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。