12月 17 2014

12月17日 海外が動いた要因

 米石油週間在庫統計事前予想です。

 

 原油:250万バレル減少
 ガソリン:150万バレル増加
 留出油:変わらず

 

 

 

 本日は原料高製品安。ガソリン1月限は新値抜きとなり、原油1月限は世界的なだぶつき感見通しに変わりはなくも、価格下落に対する修正の動き。
 この日は貴金属が全面安。金ETFは増減なし。

 

 

 

 市場はFOMC待ち。金融引き締め転換懸念から商品安の流れ。

 

 

 

 また、この日はロシア通貨や株式が大幅安。一時ロシアが緊急会議を行うとの噂から下げ幅を縮小するも、FOMCを控えて上げ止まり。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。