12月 04 2014

12月4日 米10月ADP雇用統計とISM非製造業景況指数・米石油週間在庫統計

 各発表は下記の通り。()は事前予想。

 

<米10月ADP雇用統計>
 22.8万人増加(22.2万人増加)

<ISM非製造業景況指数>
 59.3(57.5)

<米石油週間在庫統計>
 原油:368万9000バレル減少(175万バレル増加)
 ガソリン:214万3000バレル増加(150万バレル増加)
 留出油:302万8000バレル増加(55万バレル増加)

 

 

 

 ADP雇用統計を受けてドルは119円前半までだれるも、ISM非製造業景況指数の内容が良かった事で119.80円台をマーク。現在もこの水準をキープ。

 

 市場では今晩のECB理事会で政策金利は据え置かれるも、国債購入を含む量的緩和の可能性が示唆されるのではとの思惑や、米ISM非製造業景況指数の結果が良かった事で、週末の雇用統計に対する楽観視から、引き続き米欧の金融政策の方向性の違いが継続中。

 

 

 海外商品は、予想以上の在庫増加に改質ガソリン1月限が安い。
 金2月限は、米経済指標の内容よりも今晩のECB理事会における追加緩和の可能性から買われた様子。ETFは2.39トンの増加。

 

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。