6月 12 2015

今晩と来週の注目材料・海外レンジ・全て売りに見えるけど・・・どうだろう・・・。

今週も本当にお疲れ様でした。

今晩の主要経済発表事前予想は、18時のユーロ圏4月鉱工業生産指数が前月比+0.4%・前年比+1.1%・21:30の米5月生産者物価指数が前月比+0.4%・前年比-1.1%・23時の米6月ミシガン大学消費者信頼感指数が91.2となっています。

来週は17日にFOMC・19日が日銀金融政策決定会合です。

週足を見ると、ドルや株式・商品市場全てが売りに見えます。

ギリシャのデフォルトによる全マーケットからの資金撤退となるのか?

暴落に繋がる要因でも探してみようと思います。

今晩の外電レンジです。

 ドル…121.20-123.84円

 金8月限…1163.8-1185.8ドル

 白金7月限…1102.1-1119.6ドル

 パラ9月限…737.60-743.50ドル

 ガソリン7月限…212.01-215.99セント

 

現在レンジを割り込んでいるのはガソリン・レンジ下でうろついているのが白金です。

 

今晩23:30までお電話でのトレード相談を致しておりますので、お気軽に070-5460-8890までお電話下さい。

 

無料メール情報会員募集中、こちらからどうぞ

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 12 2015

株が確りです!!

 

この日の外電はレンジ内。

金はETFの減少が日々続いています。

前回もETFの減少が続いて急落したのを覚えています。

依然としてアジア勢の現物買いの確認は出来ておらず、NYももう一段下げを待っている状態か!?

石油はじり安。

EIAがOPECの主要国が過去最高の原油生産となっており、原油相場上昇を抑える可能性があるとの見方を示した事に反応。

また、非OPECの供給も、前月から日量20万バレル引き上げた事にも反応。

 

ドルもレンジ内となる中、トルコリラが急騰。

ここ最近の下落で大出来高となった後だけに、自立反発もありですね。

ドル円は、この日に発表された米週間新規失業保険申請件数が27.9万件と、依然として雇用情勢改善や小売売上高の増加から上昇するも、黒田総裁発言で頭が重い状態。

 

ダウは今週下げた分を戻した形。

ドル円に比べ、株式が素直な動きですね。

日経平均は、本日20563.15円を上抜いて引けると、来週も上値追いの展開になりそうです。

 

 

 

 

全体的にここからが重要です!!

 

 

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。