6月 06 2015

OPEC総会と米5月雇用統計・内外商品市場

米5月雇用統計は、失業率が5.5%と事前予想から0.1%悪くも、非農業部門雇用者数が28万人とサプライズとなった事がドルを上昇へと導いた模様。
16-17日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、早ければ9月にも利上げに踏み切る可能性が高まった様子。

 

OPEC総会では、生産枠は据え置きとなるも知ったら終いで買われて石油は上昇。

 

金8月限を始め、白金7月限も安くこの日のレンジを割り込んだ状態。

 

国内市場は円安で上昇。

 

 

 

 

無料メール情報会員募集中、こちらからどうぞ

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。