6月 30 2016

7月メリマン重要変化日・今晩は欧州絡みの発表相次ぎ・・・。

今月も本当にお疲れ様でした。

今晩は17:00に英第1四半期GDPで、事前予想は前期比+0.4%・前年同期比+2.0%と前回と変わらず。
18:00にはユーロ圏消費者物価指数・24:00にはカーニー栄中銀総裁の発言を控えています。

今回の発祥地からの声ですので参考になります。

現在のヨーロッパの株価は全体的に安くスタートしています。

21:30は米新規失業保険申請件数で、事前予想は26.7万件です。

今朝入電の海外市場は、ダウが高くも日経平均は高寄り後陰線引けで頭の重い状態。

海外CXは、原油の頭が重くなっています。
EIAでは、原油が405.3万バレル・クッシング在庫が95.1万バレルの減少。
ガソリンが136.7万バレルの増加となっています。

日本時間AM1:00はUSDAです。
コーンの作付面積予想は9276万エーカーと前回見通しから引き下げ。
四半期在庫は45.28億buと、昨年6月の見通しから引き上げ予想となっています。

今晩の見所は白金族・石油・コーンですね。

7月のメリマン重要変化日を更新致しましたので参考までにご覧になって下さい。

 <7月メリマン重要変化日>
  金…13日
  原油…なし
  穀物…29-8月1日(7月5日までも重要変化日)
  通貨…1-5日
  日経平均…1-5日
  米国株式…1-5日

前半は、穀物と内外株式が見所です。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。