6月 22 2016

引け前に下げ幅を拡大した金とコーンの動向・今晩のNYとCHICAGO必見!!

金とコーンが引け前に下げ幅を拡大しました。

コーンは出来高増加となって一旦戻りの時間帯に入りそうですね。

金は実線安値の4219円が視野に。

今晩の海外市場では、金とパラ・コーンが見所です。

金は1251.3-1280.1ドル!!

パラは546.75-561.95ドル!!

コーンは390-400.50セント!!

上記レンジをどちらへ抜けて引けるかが重要です。

日本時間23:00にイエレン議長下院発言ですが、昨晩で一段落していると思います。

23:30にはEIAですので、この時間帯に原油の動向もチェックです。

原油は46.55-50.92ドルのレンジを意識しておきます。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 22 2016

注目は!!

イエレン議長会見は、FOMC、利上げに際して慎重に進めていくと再表明。

ドル円は一時105円台へ回復しましたが、現在は104.70円辺りを推移。

ダウもじり高レンジ内。

海外CXはコーンが大幅安。

産地の降雨予報や、前日の作況報告での良以上75%がファンド売りを誘った様子。

金の下げが大きく、英EU離脱懸念の後退から手仕舞い売りが先行。

APIでは、原油が520万バレル・ガソリンが150万バレル・クッシング在庫が130万バレルの減少となっています。

本日12:00~14:00までお電話でのトレード相談を致します。

お気軽に070-5460-8890までお電話下さい。

注目は国内原油!!金!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 21 2016

今週の第1イベント

今晩は、22:00にドラギ総裁・23:00にはイエレン議長の上院発言です。

今朝の海外市場は、イエレン議長が利上げに関する言及があるかが注目されています。

まずは今週の第1イベントですね。

今朝の海外市場では、ダウが上髭が長くなっています。

日経平均は高く、もう一段高となると日足好転です。

海外CXでは白金族・石油・穀物の動向が重要です。

金は1282.4ドルを維持して引けるかが重要。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 20 2016

黒田総裁会見を控えて

16:50から黒田総裁の会見です。

現在のドル円は104.70円台。

日経平均は高くこの日のレンジを上抜いて引けました。

今晩は全てのマーケットが見所です。

ダウは17578.05-177333.43ドルのレンジをどちらへ抜けるかが重要です。

海外CXは、週末のCFTCで買い越し増加に至った金とコーンに注目ですね。

コーンは日足実線高値更新となって実線新値2本目となっており、もう一段上も想定出来ますね。

熱波予報で上昇した訳ですが、現在の夜間取引では7セント安となっています。

本当に疲れる銘柄です。

金は今晩が1298.5以上で推移し、再度1300ドルを更新して引けると上昇に弾みが付きそうです。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 20 2016

市場心理に変化が出そうです。

今週も宜しくお願い致します。

23日の英離脱国民投票詳細予定です。()は日本時間。

23日
 投票開始(15:00)

24日
 投票終了(06:00)
 開票(09:00)
 開票終了(12:00~13:00)
 結果発表(15:00)

23-24日は相場も荒れそうです。

残留予想が大半。

本日は黒田総裁会見を16:50に・ドラギ総裁会見が21日22:00に。

21日・22日23:00はイエレン議長の会見がありますが、先週までで織り込んでいるのであまり材料視されそうもありません。

週末の海外市場は、ダウが安くもレンジ内を推移。

原油はこの日のレンジを上抜いて戻りの時間帯に入っています。

コーンは熱波予想により実線高値を更新。

本日は満月です。

市場心理に変化が出そうです。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 17 2016

原油・株高!!金安!!となるか!?

今週の海外は、石油や株式市場を中心に下げる1週間でした。

今晩は週末の手仕舞いで戻る夜になりそうですが、ダウと原油の動向には注意が必要ですね。

ダウで17578.05ドルを維持して上値を伸ばせるか!?

原油が一旦出直りの時間帯に入りそうです。

現在は確り上値を切り上げており、引値で47.28ドルを上抜いていると目先買いの相場になりそうです。

原油・株高!!金安の日になるか!?

 

日本時間24:00はドラギ総裁の会見です。

戻り高値からダラダラ下げているユーロドルの動向に注目です。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 16 2016

20時の英経済指標をチェック!!今晩はパラと原油・コーン必見!!

日銀金融政策決定会合は全て据え置き。

円高株安加速。

国内CXも下げ幅を拡大でした。

発表前の金は、先が4400円を試すも届かず失速。

今晩は、20:00に英中銀金融政策委員会で据え置き予想。

23日の英離脱国民投票を控えているだけに注目しておく所。

21:30には米5月消費者物価指数で、前月比+0.3%・前年同月比+1.1%の予想です。

今晩の海外市場は必見で、ダウが17535.31ドルを維持出来るかが重要!!

海外CX注目はパラと原油とコーン。

パラが523.50ドル・原油が47.26ドル・コーンが423.00セントを維持して引けるかが重要です。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 16 2016

イエレン議長会見はサプライズなし・ダウは罫線が悪く注目の石油と穀物の行方は!?

イエレン議長会見は、7月利上げの可能性を残す発言となり年2回の見方となりましたが、FOMC参加者17名中9名が年2回・6名が年1回という意見となりました。

サプライズもなく、ドル円は現在で105.80円台を推移。

ダウが安く罫線は下値探り継続中。

今晩で17535.31ドルを割り込むとクラッシュの可能性ありか!?

本日の日経平均は15799.07円を維持出来るかが重要です。

海外CX注目のガソリンとコーン。

ガソリンは安くも小さな陽線引け。

EIAでは、原油が93.3万バレル・ガソリンが262.5万バレルの減少。

クッシング在庫は90.4万バレル増加となっています。

原油・ガソリン共に、ここからの罫線の付き方が重要です。

コーンは、大豆や小麦・原油の下落に追随。

ここに来て作柄が高水準な事や、土壌水分潤沢な事から売られています。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 15 2016

今晩は石油と穀物に注目!!

FOMCです。

発表は日本時間AM3時。

イエレン議長会見がAM03:30です。

利上げの可能性は低く、市場は23日の英離脱に関する国民投票が注目されています。

今晩FOMC・明日は日銀金融政策決定会合ですので気は抜けませんね。

今晩の海外市場の注目銘柄はガソリンとコーンです。

石油は、今朝方発表されたAPIで原油が120万バレル・ガソリンが230万バレル・クッシング在庫は70万バレル全て増加となっています。

EIAは日本時間23:30です。

コーンは引き続き高温乾燥天候や期末在庫減少が蒸し返されて買われています。

ファンドの買い越しが増加するも、新穀12月限が7月中旬までに高値を付けた事がない経験則から上げ幅を拡大した様子。

実線では上に新値です。

穀物のメリマン重要変化日は30日~7月5日ですのでまだ日柄もありますね。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 14 2016

全マーケットクラッシュの前触れ・・・

今晩は、21:30に米5月小売売上高で、事前予想は前月比+0.3%となっています。

 

今朝入電の海外市場では、FOMCや日銀金融政策決定会合は織り込まれ、23日の英離脱に関しての国民投票に注目が集まっており、世論調査では離脱不支持が報じられて円買いが集中したようでうす。

現在のドル円は105.70円台を推移。後一手位は円高になりそうですね。

 

注目の白金族や石油・コーンはレンジ内を推移しており今晩も注目です。

 

国内市場では、日経平均が安く下値探りを継続中。

 

内外共に原油や白金族・コーンの動向に注目!!

 

全マーケットクラッシュ!?

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。