3月 22 2019

EIA週報

EIA週報で、米製油所改修を終えて稼働率が春から上向き、春から夏のガソリン需要が高まる時期に差し掛かった事が示された様子。
例年はこの時期からガソリンの需要は増加傾向となりますが、今年は前年を下回っている様です。
同週報で、米国はイラン・ベネズエラへの制裁を継続中。
イラン産原油を8か国に原油取引を容認していますが、5月以降日量100万バレル未満に抑制を検討しているとの事です。
また、米国はベネズエラ産原油の輸入を完全にゼロにしている様子です。
これを受けて今朝の原油は40セント程安く引けています。
現在の時間外取引も59ドル後半を推移しています。
国内も頭が重く、揉み合い継続中です。

本日の国内市場はゴムがチャート悪化。
ここから一気に下げて来る見方です。
また、コーンは高くここから一気に上昇して来る見方です。

今晩は注目の経済指標がありませんが、こんな夜こそ動くんです!!
21:00まで電話相談しています。
07054608890までお気軽にどうぞ。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。