5月 22 2019

ファーウェイショック・メイ首相発言から

ファーウェイの一部の取引期間に対し、期間停止の猶予を与えた事でダウが緩やかに上昇。
昨晩の日本の夜間取引は金・白金・原油・225先物も高値での揉み合いで引けました。

日本時間に入り、日経平均は値上がりして寄付21404円台へ上昇するも、その後上げ幅を縮小して一時前日比変わらずまで沈みましたが、現在は42円高を推移して切り返して来ました。
英メイ首相が、2度目の国民投票実施の是非を問う裁決を近く実施するとの報が入って日経平均が上げ幅を縮小したのでしょうか?
国内CXも高値から押されて、白金も一時前日比変わらずまで下落し、現在はじり高推移となっています。
日本時間は日経平均の動向に追随しています。

内外原油は数日戻り高値での揉み合いが続いていますが地政学的リスクは健在です。
金はNY安・東京高ですが、本日の東京市場の引値はチェックしておきたい所。
白金は内外高くもレンジ内で、金同様に引値はチェック。
日経平均も揉み合い継続中で、上下に抜けて来てからの相場付をチェックするイメージです。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。