6月 11 2019

国内市場報告と現在

(日本市場)
は前日比プラス・はマイナス

金 4627円
白金 2828円(±0)
原油 39460円
ゴム 204.6円
コーン 24690円
日経平均 21204.28円

日本時間こそは大きな変動はなかったですが、この時間金と欧州圏内の株価が動いております。

欧州株の上昇に伴って、海外時間外取引では金が下落。
欧州株が落ち着いて金も落ち着きました。

ダウ先物も、日本時間の高値を更新するも今は落ち着きました。

日本時間AM1:00はUSDAです。
先週の予想()は前回内容
単収 170.3b(176.0b)
生産 139.03億b(150.3憶b)
米国期末在庫 17.31憶b(24.85憶b)
世界期末在庫 3.016憶b(3.147憶b)
全て下方修正です。
これを受けて予想発表時のシカゴコーンは上昇するも、その後の値位置は下げています。
今晩上昇すると・・・。

全てが今晩!!
大きな変動がありそうです。

   

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 11 2019

海外市場とここまでの日本市場

(海外市場)
は前日比プラス・はマイナス

金 1329.3ドル
白金 805.2ドル
原油 53.26ドル
コーン 415.75セント(±0)
ダウ 26062.68ドル

ダウが上げ幅を縮小し、全体的に頭が重かったです。

特に金は比較的に下げ、今晩どちらへ振れるかが重要。

原油は安く、ここから2-3日の日柄調整となりそうなイメージ。
大半の産油国が、OPEC総会の開催を7月2-4にする用意がある事を確認しているとの事。
サウジは減産意欲あるも、ロシアは供給過剰リスク・相場急落リスクを唱えているも減産の必要性を決定していない様子。

コーンはUSDA待ち。
作付け 83%(平年99%)
発芽 62%(平年93%)
良以上 59%(前年77%)
劣以下 9%(前年4%)
劣以下が悪いですね。
今晩のUSDA・この作況、どちらを反映して来るか。

ダウは高くも上げ幅を縮小。
陰線引けで頭の重い展開です。
今週は225先物メジャーSQで、同市場は神経質な値動きになっています。
9月限は、今ほど夜間の高値と面合わせ。

東京のCXは、本日の日経平均の値動きを静かに見ている感じを受けます。
後場の動向に注目です。

   

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。