8月 14 2019

内外市況報告

は前日比プラス・はマイナス


NY 1514.1ドル
東京 5122円

白金
NY 859.7ドル
東京 2919円

原油
NY 57.10ドル
東京 37340円

コーン
シカゴ 376.50セント
東京 22550円

株式
ダウ 26279.91ドル
日経 20655.13円

株高原油高・貴金属安という通常(?)の値動きでしたが、昨晩の金の上下動は大きく、原油の上昇は凄かったですね。

原油は上値目標を内外が達成。
API在庫統計では、原油が370万バレルの増加となっており、今晩のEIA事前予想は原油250万バレルの減少となっています。
後はガソリンの動向次第。

金は120円の上下動でした。
昨晩は下落しながら大きく出来ており、まだ高値更新の可能性が高い相場です。
SPDR金ETFは11.11トン減少しており、今月に入ってまだ13トン程増加中です。

米国が、中国への10%の課税を12月15日まで延期するという報から米中貿易摩擦悪化懸念が後退。
米中は電話での協議をしており、この2週間以内に再協議をする予定。
トランプ大統領は非常に生産的な電話協議だったとコメント。

これを受けてダウが上昇。
前日の下げ幅とほぼ往って来いの上昇でした。
この時間225先物は下げており、イギリス・フランス・イタリア・ドイツ等、欧州圏内の株価が下落中。
欧州6月鉱工業生産の内容が悪かった事に反応中か。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。