8月 01 2019

米中通商協議とFOMCを終え

米中通商協議は前進出来ずに前回のG20での決定事項を再確認した協議だったというイメージでした。

FOMCでは0.25%の利下げが決定されるも、パウエル議長の会見では今回の利下げは金融緩和サイクルの開始は意味しない。と、継続的利下げについては示唆しませんでした。

これを受けて朝方大幅安となった日経平均は一気に戻し、引けは19円高と朝の安値から260円近い上昇。
株式は買い安心感が出そうですね。

商品は貴金属です。
そのまま安かったですね。

明日の日本市場は株式の動向に追随するか。

今晩のダウが占うか。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 





このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。