10月 04 2019

内外市況報告・今晩のメリマン重要変化日対象銘柄

は前日比プラス・はマイナス


NY 1513.8ドル
東京 5170円
SPDR金ETF ±0
メリマン重要変化日 4-7日前後1週間
米9月非製造業景気指数52.6
(2016年8月以来の低水準)
内訳の雇用指数50.4
(20144年以来の低水準記録・景気判断50.0に近づく)
これを受けて、今晩の雇用統計に不安視されて買われました。
しかし、CMEグループフェドウォッチがFOMCでの利下げ確率を90.3%まで上昇させた事からダウが安値から上昇し金が高値から下げた模様。
個人的には、今晩のNY金が上昇で引けるか否か重要な所だと考えています。

原油
NY 52.45ドル
東京 35370円
来週は中国の国慶節明けで市場がスタートします。
同時に閣僚級の米中通商協議が始まります。
今週は米経済指標が悪化し、中国は更に悪化すると想定されており、双方の妥協が思惑として浮上しています。
そうなると全体のマーケットは・・・。

株式
ダウ 26201.04ドル
日経平均 21410.20円
ここからの上下動は、全体的なマーケットを占うのに重要です。
米9月雇用統計事前予想
失業率 3.7%
非農業部門雇用者数 14.5万人
平均時給 0.3%
前日の米経済指標での流れは市場に織り込み済み。
結果待ちです。

本日はこの3市場のコメントのみで。

他メリマン重要変化日
4-7日 米国債・穀物

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。