10月 02 2019

内外市況報告・今月のメリマン重要変化日対象銘柄

は前日比プラス・はマイナス


NY 1489.0ドル
東京 5104円
メリマン重要変化日 4-7日の前後1週間
SPDR金ETF ±0
内外共にこの日のレンジ内を推移。
昨晩発表された米製造業景気指数が2か月連続で50を割りドル安株安へ。
金は上昇しました。
ここで切り返すと戻りの時間入りか。
今晩のADP雇用統計事前予想は14.0万人となっています。

白金
NY 886.1ドル
東京 3034円
内外下値探り継続中。
一旦戻ってもおかしくはないですが。
パラジウムが出遅れて頭が重くなって来ました。

原油
NY 53.62ドル
東京 36520円
API在庫
原油 -592万バレル
ガソリン +213.3万バレル
クッシング地区 +39.3万バレル
小動きでした。
引き続きガソリンの動向待ちです。

コーン
シカゴ 392.50セント
東京 24120円
メリマン重要変化日 4-7日

産地の降雨により、気温が氷点下となっている様子。
これにより、豊作でも良質なコーンの供給が減少するとの見方から上げました。
今週金曜日にかけて降霜発生の見込みとの事。

株式
ダウ 26573.04ドル
日経平均 21778.61円
メリマン重要変化日 ダウ8日・日経平均11-14日

ダウは陰線・日経平均は陽線。
日経平均はここから戻ってもおかしくないかと思いきや、現在の225先物は下落。
今晩のADPを受けて、週末のパウエル議長会見への思惑が働きそうです。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。