11月 14 2019

内外市況報告

は前日比プラス・はマイナス


NY 1463.3ドル
東京 5113円
SPDR金ETF 896.77トン(-0.32トン)
NYは、香港金融街中心でデモが発生し、交通機関の一部運休や学校の休校・企業の業務休止による買いで上昇。
東京はマイナスサイドで引けました。
材料的には買われる流れですが、今月に入ってETFは18トン強の減少中。
再び今晩のNY待ち。

白金
NY 874.8ドル
東京 3064円
今晩のNYを見ながらですが、基本的には東京待ちだと思っています。

原油
NY 57.12ドル
東京 39010円
OPECのバルキンド事務局長が、米中通商協議の行方次第では石油需要が上振れる可能性があるとし、来年以降の非OPEC加盟国が減産の可能性を示唆。
これにより内外上昇した形です。
今晩のNY市場がもう一段高く引けるとチャート好転の見方です。
01:00にはEIA石油在庫統計

コーン
シカゴ 375.25セント
東京 23000円
コーンベルトが15日以降上昇して寒波懸念が和らぐとの見方から下げた様子。

株式
ダウ 27783.59ドル
日経平均 23141.55円
上海総合 2909.87元
中国の小売売上高・鉱工業生産の結果が予想を下回ってから日経平均は上下動。
日経平均は結局0.76%安で取引を終了しました。
今晩のダウはもう一段上昇するとチャート的には綺麗ですが。
今晩は19:00にユーロ圏7-9月期のGDP・24:00にはパウエル議長会見の発表があります。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。