5月 10 2014

5月6日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

 この日の通貨市場はユーロが安く、この日のレンジを割り込んだ状態。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が前日、景気の下振れリスクなどを警戒し、6月にも追加緩和の可能性を示唆した事が引き続き圧迫要因となった模様。ドルは、イエレン議長発言を終えて材料に欠ける中方向感のない状態。ただダウは高く、日週足実線高値を上抜いて確り。

 

 

 

 NY金6月限はじり安レンジ内。ウクライナ情勢が逃避買いを誘う一方、米景気回復や株価上昇・米量的緩和の縮小継続観測・米長期金利の上昇懸念などを背景に頭の重い状態。etfは増減なし。

 

 

 

 

 尚、5月6日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金…97956枚(85227枚)
銀…10379枚(12051枚)
白金…42807枚(40143枚)
パラ…22646枚(23219枚)
原油…383093枚(402327枚)
コーン…325270枚(322349枚)
大豆…130420枚(158859枚)

 

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

3月 29 2014

3月29日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
ドルは高く、この日のレンジを拡大して確り。2月の米個人支出が過去3カ月で最大の伸びとなるなど、米景気の先行き楽観ムードが広がった様子。
ユーロは高くもレンジ内。
ダウは高くも、この日のレンジを拡大出来ず。

<工業品>
 金6月限はじり安レンジ内。1300ドル割れで、経常赤字の縮小によるインドの金輸入規制の緩和が予想される事や、中国の金需要が前年並みを保っている事も相場を下支えた様子。ETFは増減なし。
白金族は高くもレンジ内。週末の買い戻しで上昇した模様。
ガソリン5月限は安くもレンジ内。週末の手仕舞い売りで下げた模様。

<穀物>
 全体的に上値追いとなるも、上昇分を吐き出してコーン・大豆共に前日比と変わらず。

 

 

 

 

 尚、3月25日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…117317枚(136814枚)
銀…19013枚(24372枚)
白金…44394枚(44833枚)
パラ…22599枚(23310枚)
原油…391174枚(384295枚)
コーン…258627枚(242351枚)
大豆…176363枚(187912枚)

 

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

3月 01 2014

3月1日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
ロシア軍人とみられる武装集団がクリミアの2空港を占拠するなど、依然としてウクライナ情勢の緊迫化の度合いが強まっっはている様子ですが、この日のドル・ユーロは共に各国経済発表の内容の良さに反応。
ドルは安くもこの日の下値抵抗101.70円を維持。
  ユーロ・ダウはこの日のレンジを上抜いて確りです。

 

<工業品>
金4月限は安くも、この日の広いレンジ内を推移。ウクライナ情勢の緊迫化や中国人民元の急落などで逃避買増えるも、米国の株価急伸や週末・月末を控える事もを受けて手仕舞い売りが出た模様。ETFは増減なし。
白金族は白金安のパラ高。パラジウム6月限はドル安や原油・株高に反応して上げるも、金の下落で上げ幅を縮小。
ガソリン4月限は高くもレンジ内。米経済指標の内容が良く上昇した様子。

 

<穀物>
大豆5月限は高く新値抜き。ブラジルの天候不安から生産高を大幅に引き下げた事が要因。
コーン5月限は高くもこの日のレンジ内。ブラジルの瀬さんだか引き下げに反応。
小麦5月限は高く、この日のレンジを拡大。ウクライナの政情不安による同国の穀物輸出に対する不透明感が広がった模様。

 

 

 

 

 尚、2月25日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…109464枚(84631枚)
銀…28937枚(23535枚)
白金…35076枚(33458枚)
パラ…17930枚(17328枚)
原油…416438枚(416441枚)
コーン…126170枚(53504枚)
大豆…211816枚(199331枚)

 

 

 

 

 来月も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

2月 15 2014

2月15日 海外大口投機家建玉状況

 2月11日現在の海外大口投機家建買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 

 金…71201枚(64939枚)
銀…12643枚(6988枚)
白金…32398枚(33316枚)
パラ…16936枚(17413枚)
原油…382334枚(360217枚)
コーン…35411枚買い越し(1293枚売り越し)
大豆…189763枚(165359枚)

 

 

 

 この日の外電は、金や白金が高く日足好転といた所。金はETFの増加やドル安・中国の景気回復期待による金需要増加予想に反応。白金族は南アストが要因となっています。

 

 

 

 私の住む埼玉は、昨日からの大雪による積雪が50センチ以上となっています。本日はこれから自宅前の雪かきをする予定ですが、15-16年前に購入して3-4回程しか使っていないスノーボードウェアを着て確り防寒体制を整えて行いたいと思います。皆さんお住まいの地区はどうですか?月曜日の通勤電車が通常通り運行している事を祈りたいと思います。

 

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

2月 01 2014

2月1日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
ドルは安い。新興市場不安が深刻化すれば、米連邦準備制度理事会(FRB)の債券購入額の減額ペースに影響が出て来るのではとの思惑や、週末と月末が重なった事によるポジション調整絡みの動きで下げた模様。
ユーロも安い。1月のユーロ圏消費者物価指数が前年同月比0.7%上昇と予想(0.9%上昇)を下回った事を受け、来週6日の欧州中央銀行(ECB)理事会での政策金利の引き下げ観測が浮上した様子。
ダウは安く、下値探り継続の罫線となっています。

<工業品>
金4月限は安い。米量的緩和の段階的縮小が予想される事や、中国の旧正月入りで現物需要が落ち込むとの見方から下げた模様。ETFはトンの増加。
白金族は安くもこの日のレンジ内を推移。金の下げに追随。
ガソリン3月限は安くもレンジ内。

<穀物>
大豆3月限は高く広いレンジ内を推移。前日の相場で年初来安値を更新した後プラスサイドを回復して引けた為、目先の底入れムードが広がった模様。
コーン3月限はじり高レンジ内。輸出増加をはやした買いや、週末を控えた買い戻しで上昇した模様。
小麦3月限も高くもレンジ内。

 

 

 

 

 尚、1月28日現在の海外大口投機家建玉報告は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…66341枚(46583枚)
銀…10492枚(15868枚)
白金…36889枚(34997枚)
パラ…19705枚(21996枚)
原油…351146枚(34
0049枚)
コーン…55582枚売り越し(65191枚売り越し)
大豆…152950枚(158010枚)

 

 

 

 

 今月も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 11 2014

1月11日 外電報告・穀物需給報告・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
 ドルは安くこの日のレンジを割り込んだ状態。米12月雇用統計で失業率は6.7%と強気内容となるも、非農業部門雇用者数が7万4000人増と予想(19万7000人増)を大きく下回り、2011年1月以来の少ない伸びとなった事に反応した模様。
 ユーロは高くもレンジ内。対ドルでの上昇。
 ダウはじり安レンジ内。

 

<工業品>
 金2月限は高く、この日のレンジを拡大して確り。雇用統計の内容によるドル安に反応。ETFは増減なし。
 白金族は高く、両市場この日のレンジを拡大して確り。雇用統計の内容を受けた金の上昇に反応。
 ガソリン2月限は高く、この日の狭いレンジを上抜いて引けた形。

 

<穀物>
 穀物需給報告は下記の通り。()は前回内容。

 

(コーン)
 作付面積:9540万エーカー(9530万エーカー)
 単収  :158.8bu(160.4bu)
 供給合計:147億8100万bu(148億4200万bu)
 消費合計:131億5000万bu(130億5000万bu)
 期末在庫:16億3100万bu(17億9200万bu)
 在庫率 :12.4%(13.7%)

 四半期在庫:104億3000万bu(事前予想:107億7000万bu)

(大豆)
  作付面積:7650万エーカー(同)
 単収  :43.3bu(43.0bu)
 供給合計:34億5400万bu(34億2300万bu)
 消費合計:33億400万bu(32億7200万bu)
 期末在庫:1億5000万bu(同)
 在庫率 :4.5%(4.6%)

 四半期在庫:21億5000万bu(事前予想:21億7000万bu)

(小麦)
 四半期在庫:14億6000万bu(事前予想:14億1000万bu)

 

 

        
 この日のサプライズはコーンでした。強気の需給報告を受けて、ファンドの買戻しが入ってこの日のレンジを拡大して確りです。

 

 

 

 

 尚、1月7日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…38887枚(32223枚)
 銀…17335枚(14681枚)
 白金…27195枚(22847枚)
 パラ…19271枚(16958枚)
 原油…331011枚(355289枚)
 コーン…93965枚(92875枚)
 大豆…142263枚(165789枚)

 

 

 

 

 日本は後1日分の外電を吸収して火曜日からのスタートです。皆様良き連休をお過ごし下さい。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 07 2014

1月7日 外電報告・穀物輸出検証高・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
 ドルは安く、この日のレンジを割り込んで下値探りの展開。昨年12月の米ISM非製造業景況指数が53.0と前月(53.9)から低下し、事前予想(54.7)を下回り、昨年6月以来の水準に落ち込んだ事や、10年物米国債の利回りが一時昨年12月23日以来の水準へ低下した事・米株式相場の下げにも反応。
 ユーロは高くもレンジ内。米経済発表の内容の悪化から対ドルでの動きとなった模様。
 ダウはじり安レンジ内。

 

<工業品>
 金2月限はじり安。この日のレンジを拡大出来ずに頭の重い展開。ETFは増減なし。
 白金族は、白金4月限がじり高レンジ内・パラ3月限はこの日のレンジを拡大して確り。金の下落に反応するも、安値は買われた模様。
 ガソリン2月限はじり安レンジ内。原油安に反応。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 1931万8000bu(2100万~3000万bu)
  主な成約先…中国547.1万bu メキシコ465.9万bu 日本299.9万bu

(大豆)
 5644万600bu(3800万~5000万bu)
  主な成約先…中国4389.7万bu サウジアラビア266.8万bu タイ259.0万bu

(小麦)
 1360万1000bu(1000万~2100万bu)

 

 

 この日の穀物は高くもレンジ内を推移。好調な輸出成約高に反応したのは大豆・ファンドの資金調整で9万枚程買い付ける事が予想されて上昇したのがコーン。

 

 

 

 尚、12月31日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…32223枚(27399枚)
 銀…14681枚(12098枚)
 白金…22847枚(21155枚)
 パラ…16958枚(17185枚)
 原油…355289枚(352765枚)
 コーン…92875枚売り越し(77043枚売り越し)
 大豆…165789枚(175774枚)

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 21 2013

12月21日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
 ドルは小動き。黒田日銀総裁が、来年春の消費税引き上げ後の経済活動次第で追加
緩和に踏み切る可能性を示唆する一方で、米連邦準備制度理事会(FRB)は年明け以降
に小幅な量的緩和縮小を続ける見通しで、日米当局の金融政策の方向性の違いも一因となってドル高円安の流れを継続するも、ドル高・円安進行ペースの速さへの警戒感・米長期金利の低下などが相殺した様子。
 ダウは高く新値抜き。

 

<工業品>
 金2月限は高くもレンジ内。ドル安を受けた買い戻しで切り返して1200ドルを回復した形。
 白金族は高く、白金1月限はこの日のレンジを拡大した形。ドル安・金の上値追い・株価上昇に反応。
 ガソリン1月限は高く、この日のレンジを拡大して確り。米景気の先行き楽観ムードの強まりから買われた模様。

 

<穀物>
 穀物は全面高となるもこの日のレンジ内を推移。

 

 

 

 

 尚、12月17日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…25904枚(26380枚)
 銀…11548枚(9953枚)
 白金…23456枚(23621枚)
 パラ…20455枚(21788枚)
 原油…346700枚(349003枚)
 コーン…84761枚売り越し(80559枚売り越し)
 大豆…176981枚(173374枚)

 

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 14 2013

12月14日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
 ドルは修正安。ドル高円安進行の速さが警戒された事や、米長期金利の低下・週末を控えた手仕舞い売りに押された模様。
 ダウはじり高レンジ内。

 

<工業品>
 金2月限は高くもレンジ内。週末の買い戻しで上げた模様。ETFは増減なし。
 白金族は安くもレンジ内。アングロ・アメリカン・プラチナム社が2組合と賃金交渉で合意した事が背景。
 ガソリン1月限は安くもレンジ内。引き続き石油生産増加が圧迫要因。

 

<穀物>
 大豆1月限はじり高レンジ内。週末を控えた買い戻しで上げた模様。
 コーン3月限は安く、この日のレンジを割り込んで下値探りの展開。
 小麦3月限は安く新値抜き。需要減少観測によるコーンの供給増加から、飼料向けの競合が増える事が圧迫要因。

 

 

 

 

 尚、12月10日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…26380枚(22691枚)
 銀…9953枚(2901枚)
 白金…23621枚(23437枚)
 パラ…21788枚(21807枚)
 原油…349003枚(320848枚)
 コーン…80559枚(99422枚)
 大豆…173374枚(159546枚)

 

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 07 2013

12月7日 外電報告・米11月雇用統計・海外大口投機家建玉状況

<指標系>
 米11月雇用統計の内容は下記の通り。()は事前予想。

 

 失業率…7.0%(7.2%)
 非農業部門雇用者数…人20万3000人増(18万5000人増)
 民間部門雇用者数は19万6000人増(18万人増)

 

 強気の内容で、FRBによる早期の量的緩和縮小観測が一段と強まった様子。
 ダウも高く、この日のレンジを拡大した形。

 

<工業品>
 米11月雇用統計の雇用内容の改善から、米量的緩和の年内縮小観測を受けて金2月限を中心に白金族も下落。金のETFは増減なし。
 ガソリン1月限は高く、この日のレンジを拡大。

 

<穀物>
 大豆は南米方策観測で安く、コーンは原油の上昇やファンドの買い戻しで上げた模様。

 

 

 

 

 尚、12月3日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前回内容。

 

 

 金…22691枚(26555枚)
 銀…2901枚(6622枚)
 白金…23437枚(26719枚)
 パラ…21807枚(22225枚)
 原油…320848枚(307539枚)
 コーン…99422枚売り越し(110067枚売り越し)
 大豆…159546枚(154794枚)

 

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。