12月 17 2014

12月17日 海外が動いた要因

 米石油週間在庫統計事前予想です。

 

 原油:250万バレル減少
 ガソリン:150万バレル増加
 留出油:変わらず

 

 

 

 本日は原料高製品安。ガソリン1月限は新値抜きとなり、原油1月限は世界的なだぶつき感見通しに変わりはなくも、価格下落に対する修正の動き。
 この日は貴金属が全面安。金ETFは増減なし。

 

 

 

 市場はFOMC待ち。金融引き締め転換懸念から商品安の流れ。

 

 

 

 また、この日はロシア通貨や株式が大幅安。一時ロシアが緊急会議を行うとの噂から下げ幅を縮小するも、FOMCを控えて上げ止まり。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 16 2014

12月16日 今晩の経済指標と週末までの注目指標・今晩の外電必見!!

 今晩の経済指標事前予想です。()は前回内容。

 

18:30
 英11月消費者物価指数:前月比±0.0%(+0.1%) 前年比+1.2%(+1.3%)
19:00
 独12月ZEW景況感指数:5.0(3.3)
22:30
 米11月住宅着工件数:104.0万件(100.9万件)
    住宅許可件数:106.5万件(109.2万件)

 

 

 

 今晩から2日間で行われるFOMC・木金曜日で行われる日銀金融政策決定会合が注目材料!!

 

 

 

 今晩のNY市場は金2月限が1183.8-1205.9ドル・白金1月限で1188-1221.5ドル・パラ3月限で791.40-813.70ドルで見ており、現在は全てレンジ内を推移。ガソリンは実線安値を割って引けるかがポイント。

 

 

 メリマン重要変化日が終わり、全体的にマーケットが下値探りになっています。

 来週からはクリスマス休暇入りもあって、今週中に調整は終了となるか!?

 

 

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 15 2014

12月15日 今晩のメリマン重要変化銘柄

 今晩はドルに注目!!

 118.07円を維持できるかが見所です!!

 

 

 本日の日経平均は272.18円安の17099.40円で取引を終了。この日のレンジを割り込んで足取りが良くありません。日週月足全てが頭が重く、今週のマーケットは必見です!!

 

 

 今晩まで内外株式・金と原油のメリマン重要変化日です。

 

 

 

 今晩のNY金2月限は1206-1234.4ドル・白金1月限が1219-1251.5ドル・ガソリン1月限で159.34-169.06セントのレンジで見ており、現在はこのレンジ内を推移中!!

 

 

 

 今晩は必見です!!

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 15 2014

今晩の重要経済指標事前予想・ドルと株式の動向

 本日の経済指標事前予想です。()は前回内容。

 

22:30
 米12月NY連銀製造業景気指数:12.00(10.16)

 

 

 

 今晩の重要経済指標は3つ。そのうちの1つがこれです。

 

 事前予想はドル高材料。

 

 

 今朝方117.70円台まで円高となるも、現在は118.60円台を推移。

 

 日経平均も安値から160円位の戻り。

 

 本日の日経平均は17248.50円・ドルは今晩118.07円以上で引けるかが見所です!!

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 15 2014

12月15日 今週の重要指標と衆院選挙結果

 第47回衆院選は、定数475(小選挙区295・比例代表180)のうち自民党は291議席を獲得し、連立を組む公明党と合わせて公示前と同じ326議席となりました。再び衆院の3分の2に当たる317議席を超え、安倍晋三首相(自民党総裁)は安定政権を維持。24日に召集される特別国会の首相指名選挙で安倍首相が選出され、第3次安倍内閣が発足します。

 

 現在ドルは118.30円台を推移。

 

 

 

 今週は、今晩の米12月NY連銀製造業景気指数や17日のFOMC・イエレン議長会見・19日の日銀金融政策決定会合・黒田総裁会見とイベントが目白押し。来週からはクリスマス休暇を控えて欧米市場は小動きとなる中、今週の為替動向は必見です!!

 

 

 

 

 今週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 13 2014

12月13日 米11月ミシガン大学消費者信頼感指数

 この日に発表された米11月ミシガン大学消費者信頼感指数が93.8と、事前予想の89.5を大幅に上回り、2007年1月ぶりの高水準となった事に反応するも、今月考えている月足レンジ上の118.90円を上抜けずに頭の重い展開。

 

 

 海外商品市場は、この日も原油安に追随する格好となっています。

 

 石油は、IEAが来年の需要見通しを引き下げた事に反応し、製品のガソリン1月限も新値抜きとなって足取りは悪い状態。
 金2月限は安くもレンジ内。ETFは「0.95トンの増加。

 

 

 

 

 来週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 12 2014

12月12日 ドルと原油

 ドル高ですね。14日の衆議院選挙で自民党圧勝となれば、政局安定や経済政策強化観測などを背景に再び円安が進むとの思惑が強く、米週間新規失業保険申請件数は事前予想を下回り、11月の米小売売上高は予想を上回った事により米株式相場が反発。米利上げ開始時期の前倒しの思惑などから米長期金利が上昇に転じたことも好感された様子。

 

 

 この日の海外は原油の上昇に追随。個人的に見ている指標は、海外で下げ過ぎ感が出て来ましたが、国内は海外ほどの指標が出ていません。ただし海外と比較すると割安感は出ている模様。この日の金ETFは2.99トンの増加。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 11 2014

12月11日 今晩は金と白金・ガソリン!!

 全体的に下値探りとなっています。

 

 

 日経平均はここから切り返せるかが見所!!

 

 

 ドルは、今晩のNY市場で118.90円の月足ラインを上抜けるかが見所!!
 日足では116.82円を割り込むかも見所!!

 

 

 

 今晩の海外は、NY金2月限が1209.3-1236ドル・白金1月限で1239.4-1254.2ドル・ガソリン1月限は164.55-170.31セントのレンジで見ており、現在はこのレンジ内を推移中。

 

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 11 2014

本日からの経済指標は今後のドル・株式の動向を占うカギになりそう

 本日の経済指標事前予想です。()は前回内容。

 

16:00
 独11月消費者物価指数:前月比±0.0%(同) 前年比+0.6%(同)
17:30
 スイス国立銀行政策金利:0.00%据え置き
22:30
 米11月小売売上高:前月比+0.4%(+0.3%)
  新規失業保険申請件数:+29.7万件(同)

 

 

 

 今晩からの米国経済発表は、ここからのダウやドルの動向を占う重要なカギを握りそう…。失業保険申請件数は前週内容と変わらずですが、修正があれば振れやすいでしょう。

 

 ドル円単体で見るなら、明日の相場は非常に重要です!!

 

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 10 2014

12月10日 今晩の金と白金レンジ

 本日は通貨・株式商品と荒れましたね。

 

 

 今晩も大きな経済指標もなく、週末からのメリマン重要変化日へ向けてどの様な動きになるかが見所です!!

 

 

 

 今晩のNY金2月限は1210.9-1237ドル・白金1月限が1237.9-1258ドルのレンジで見ており、現在はこのレンジ内を推移。金が上に抜けそうな値位置です。

 

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。