11月 19 2013

11月19日 外電報告・穀物輸出検高・作況

<指標系>
 ドルは安く100円を維持出来ない状態。市場は米FOMCや、日銀金融政策決定会合に注目が集まっており、ポジション調整の動きが中心。
 ダウはじり高。

 

<工業品>
 金12月限は安い。株式市場への資金流入から金の逃避買いの手仕舞いが中心となった模様。ETFは1.20トンの減少。
 白金族は安く、この日のレンジを割り込んだ形。金の下げに反応。 
 ガソリン1月限は安くもレンジ内。原油相場の下落や、米東海岸とメキシコ湾岸の製油所の生産回復見通しなどが嫌気された模様。

 

<穀物>
 輸出検証高。(()は事前予想)の内容は下記の通り。

 

(コーン)
 3076万0000bu(1400万~2500万bu)
  主な成約先…中国1444.9万bu メキシコ759.4万bu 日本340.4万bu
 収穫:91%(平年86%)

(大豆)
 8780万9000bu(6000万~8700万bu)     
  主な成約先…中国7058.8万bu 台湾561.0万bu オランダ350.2万bu
 収穫:95%(平年96%)

(小麦)
 1811万3000bu(600万~1500万bu)

 

 

 大豆1月限はじり高レンジ内。この日の発表された輸出検証高が事前予想よりも多くなった事から、週末の大幅安に対する修正高となった模様。
 コーン1月限は安い。市場がウクライナ産と競合するには、一層の相場低下が必要と見ている事や、南米の生育シーズンが順調にスタートした事・未承認の遺伝子組み換え種が発見されたとの理由で、中国が米国コーン一隻の輸入拒否をしたとの噂も圧迫要因。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

11月 10 2013

11月10日 外電報告・穀物需給報告・海外大口投機家建玉状況

 週末にい発表された米10月雇用統計で、失業率は7.3%と事前予想と一緒の内容であったのですが、非農業部門雇用者数は20万4000人増加と大幅改善された事を受けてドルは上昇。この日の日足レンジを拡大して日週足良好となっています。金はドル高で安く、白金族も同様に安くなっています。白金1月限の罫線が下値探りになった気がしています。逆にガソリンは高くこの日のレンジを拡大し、穀物は需給報告を受けて、事前予想よりも内容の良かった期末在庫発表で買われた模様(穀物需給報告は下記の通り()は前回内容。)。大豆もこの日のレンジを拡大。

 

 

 

(コーン)
 作付面積:9530万エーカー(9740万エーカー)
 単収  :160.4bu(155.3bu)
 供給合計:148億3700万bu(145億3000万bu)
 消費合計:129億5000万bu(126億7500万 bu)
 期末在庫:18億8700万bu(18億5500万bu)
 在庫率 :14.6%(同)

(大豆)
 作付面積:7650万エーカー(7720万エーカー)
 単収  :43.0bu(41.2bu)
 供給合計:34億1300万bu(32億899万bu)
 消費合計:32億4300万bu(31億4000万bu)
 期末在庫:1億7000万bu(1億5000万bu)
 在庫率 :5.2%(4.8%)

 

 

 

 

 尚、11月5日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金…91136枚(100236枚)
 銀…18903枚(18449枚)
 白金…35089枚(32087枚)
 パラ…26221枚(26222枚)
 原油…299514枚(302216枚)
 コーン…118338枚売り越し(135254枚売り越し)
 大豆…111738枚(129969枚)

 

 

 

 今週も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

11月 07 2013

11月7日 外電報告・石油米週間在庫統計・穀物需給報告事前予想

<指標系>
 ドルは横這い。市場は、今晩の米GDPやECB理事会・明日の米雇用統計に注目している様子。
 ダウは高く新値抜き。

 

<工業品>
 金12月限は高く、この日のレンジを上抜いた形。ETFは2.10トンの増加。
 白金族は高く、パラ12月限はもう一息で新値。南ア鉱山ストによる供給不安や、株式の史上最高値更新が要因。
 ガソリン12月限は予想以上の在庫減少で高くも、この日のレンジ内を推移。尚、この日の発表された米週間在庫統計は下記の通り。()は事前予想。

 

 原油  :157万7000バレル増加(168万6000バレル増加)
 ガソリン:375万5000バレル減少(2万7000バレル減少)
 留出油 :489万9000バレル減少(124万1000バレル減少)

 

<穀物>
 8日の需給報告事前予想は下記の通り。()は前回内容。

 

(コーン)
 生産高   :140.22億bu(138.43億bu)
 単収    :159.43bu(155.3bu)
 米国期末在庫:20.56億bu(18.55億bu)
 世界期末在庫:15480万トン(15142万トン)

(大豆)
 生産高   :32.25億bu(31.49億bu)
 単収    :42.5bu(41.2bu)
 収穫面積  :7590万エーカー(7640万エーカー)
 米国期末在庫:1.831億bu(1.50億bu)
 世界期末在庫:7270万トン(7154万トン)

(小麦)
 米国期末在庫:5.273億bu(5.61億bu)
 世界期末在庫:17550万トン(17628万トン)

 

 

 事前予想は全て上方修正。大豆は横這いでコーンは下値を切り下げる展開。まだ頭の重いままですね。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 01 2013

10月1日 外電報告・穀物輸出検証高・作況・四半期在庫報告

<通貨・株式>
 ドルはジリ高。米予算審議の行き詰まりから一時は97.46円辺りまで下げるも、9月のシカゴ購買部協会指数が事前予想を上回る内容となって株式が切り返して来た事に反応。
 ユーロは横這い。
 ダウは安く、この日の下値抵抗を割り込んだ状態。

 

<工業品>
 この日の工業品銘柄は全面安。米経済の不透明感による株式や原油の下落に追随した模様です。

 

<穀物>
 輸出検証高・作況・四半期在庫の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 2191万2000bu(1700万~2300万bu)
  主な成約先…日本646.9万bu メキシコ599.2万1bu 中国460万bu

 収穫 :12%(平年23%)
 成熟 :63%(平年70%)
 デント:96%(平年97%)
 良以上:55%(前週55%)
 劣以下:16%(前週16%)

 四半期在庫…8億2364万bu(6億8800万bu)

(大豆)
 1428万8000bu(1500万~2000万bu)
  主な成約先…中国735.6万bu オランダ277.2万bu スペイン216.1万bu

 収穫 :11%(平年20%) 
 落葉 :67%(平年74%)
 良以上:53%(前週50%)
 劣以下:15%(前週17%)

 四半期在庫…1億4060万bu(1億2600万bu)

 

 

 米在庫は、両穀物共に事前予想を上回った形。コーンは安値更新し、大豆はこの日の下値抵抗を割り込んで頭の重い状態。

 

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 24 2013

9月24日 外電報告・穀物輸出検証高・作況報告

<通貨・株式>
 ドルは安い。NY連銀タドリー総裁とアトランタ連銀ロックハート総裁が、原稿の量的緩和政策を指示した事に反応。 
 ユーロは安い。週末のドイツ総選挙で、メルケル首相率いる党の勝利となるも織り込み済みとなり、欧米株式の下落に反応。
 ダウは安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金12月限はじり安レンジ内。ETFは増減なし。
 白金族は安い。ドイツのメルケル首相の勝利から、ユーロの安定につながるとの見方から下げた模様。
 ガソリン11月限は安い。在庫増加観測や、供給減少観測で圧迫。

 

<穀物>
 輸出検証高と作況の発表がありました。

 

(コーン)
 1791万6000bu(事前予想1500万~2200万bu)
  主な成約先…メキシコ644.7万bu 中国466.8万bu 日本253.3万bu

 収穫 :7%(平年16%)
 成熟 :40%(平年55%)
 デント:91%(平年93%)
 良以上:55%(前週53%)
 劣以下:16%(前週18%)

(大豆)
 1679万3000bu(事前予想200万~400万bu)
  主な成約先…中国1084.3万bu インドネシア298.6万bu メキシコ179.3万bu

 収穫 :3%(平年9%)
 落葉 :47%(平年56%)
 良以上:50%(前週50%)
 劣以下:17%(平年18%)

(小麦)
 4231万9000bu(事前予想3500~4550万bu)

 収穫 :93%(平年93%)
 作付け:23%(平年24%)

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 13 2013

9月13日 外電報告・穀物需給報告と輸出成約高

<通貨・株式>
 ドルは安くもレンジ内。米週間新規失業保険申請件数が29万2000件と事前予想より内容が良く、7年以上ぶりの低水準だった事から上げるも、来年4月の消費税引き上げ観測による円高誘導17-18日のFOMCを受けた米量的緩和の縮小観測の強まりによる株式の下げに反応。
 ユーロはじり安レンジ内。
 ダウは安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金12月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んだ状態。米失業保険申請件数が良かった事による量的緩和縮小観測が圧迫要因。ETFは増減なし。
 白金族は一時安くもこの日の下値抵抗を維持した形。パラ12月限は米景気回復から安値から回復してプラスサイド。
 ガソリン10月限は高い。前日発表された米在庫統計で在庫が予想外に増加して下げた流れに対する調整高となった模様。

 

<穀物>
 需給報告と輸出成約高の発表がありました。

 

(コーン)
 作付面積:9740万エーカー(同)
 単収  :155.3bu(154.4bu)
 供給合計:145億3000万bu(145億1200万bu)
 消費合計:126億7500万bu(同)
 期末在庫:18億5500万bu(18億3700万bu)
 在庫率 :14.6%(14.5%)

 輸出成約高…33万2600トン
  主な成約先…メキシコ20万3200トン 日本4万4300トン コスタリカ3万1600トン

(大豆)
 作付面積:7720万エーカー(同)
 単収  :41.2bu(42.6bu)
 供給合計:31億4900万bu(32億5500万bu)
 消費合計:31億4000万bu(31億7600万bu)
 期末在庫:1億5000万bu(2億2000万bu)
 在庫率 :4.8%(6.9%)

 輸出成約高…47万8100トン(事前予想 55万~80万トン)
  主な成約先…中国20万5000トン 仕向け地不明7万3900トン コスタリカ4万1000トン

(小麦)
 輸出成約高…55万1900トン

 

 強気の受給報告を受けて大豆は急伸。コーンは弱気内容で安い。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 11 2013

9月11日 外電報告・米石油週間在庫統計事前予想・穀物農務省発表事前予想

<通貨・株式>
 ドルは高く、今週考えていた週足上値抵抗100.24円を上抜いて確り。日経平均株価上昇による世界的な株価の上昇や、シリアが化学兵器に関するロシアの提案を受け入れる見通しから、米国による軍事介入回避観測から上げた様子。
 ユーロは高くもレンジ内。
 ダウは高く、レンジ内を推移するも確りした動き。

 

<工業品>
 この日の工業品銘柄は、米国軍事介入の後退観測から全体的に下値を探る展開になっています。この日の貴金属はレンジ内となるも、パラジウム12月限は中国自動車販売増加観測から買われてプラスサイド。下げが著しかったのがガソリンです。この日も新値を抜く大幅安となっております。尚、今晩の米週間在庫統計の事前予想は下記の通り。

 

 原油…210万バレル減少
 ガソリン…100万バレル減少
 留出油…60万バレル増加

 

<穀物>
 全体的にこの日のレンジ内です。尚、明晩発表の農務省需給報告事前予想は下記の通り。()は8月見通し。

 

(コーン)
 生産高 :136.46億bu(137.63億bu)
 単収  :153.9bu(154.4bu)
 期末在庫:16.97億bu(18.37億bu)

(大豆)
 生産高 :31.49億bu(32.55億bu)
 単収  :41.3bu(42.6bu)
 期末在庫:1.31億bu(2.20億bu)

(小麦)
 期末在庫:5.56億bu(5.51億bu)

 

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 20 2013

8月20日 外電報告・穀物輸出検証高・作況報告

<通貨・株式>
 ドルは横這い。特に目立った材料がない中、今週半ばのFOMC議事録に注目が集まっている模様。
 ユーロはジリ高レンジ内。
 ダウは安く、この日の下値抵抗を割り込んだ状態。

 

<工業品>
 金12月限は安くレンジ内。ドル高・原油安に反応。ETFは3トンの減少。
 白金族は安い。金の下落やドル高・原油安に反応。
 ガソリン9月限は大幅安。夏のドライヴシーズンの終了が迫って来た事に圧迫。

 

<穀物>
 輸出検証高と作況の発表がありました。

 

(コーン)
 706万1000bu
  主な成約先…メキシコ390.8万bu 日本112.5万bu パナマ60.7万bu

 デント  :11%(平年30%)
 ドゥ   :52%(平年65%)
 シルキング:97%(平年99%)
 良以上  :61%(前週64%)
 劣以下  :13%(前週11%)

(大豆)
 529万4000bu
  主な成約先…インドネシア413.4万bu 日本84.7万bu

 着ザヤ:72%(平年81%)
 開花 :92%(平年96%)
 良以上:62%(前週64%)
 劣以下:10%(前週9%)

(小麦)
 3378万7000bu
 
 収穫(冬):96%(平年94%)
 収穫(春):18%(平年38%)
 良以上  :66%(前週同)
 劣以下  :7%(前週8%)

 

 

 産地で平年を上回る気温が予報された事による作柄悪化懸念で大豆が上昇した事に反応。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 13 2013

需給報告

 穀物需給報告は下記の通り。()は前回内容。

 

(コーン)
 作付面積:9740万エーカー(同)
 単収  :154.4bu(156.5bu)
 供給合計:145億1200万bu(147億900万bu)
 消費合計:126億7500万bu(127億5000万bu)
 期末在庫:18億3700万bu(127億5000万bu)
 在庫率 :14.5%(15.4%)

(大豆)
 作付面積:7720万エーカー(7770万エーカー)
 単収  :42.6bu(44.5bu)
 供給合計:33億9600万bu(35億6000万bu)
 消費合計:31億7600万bu(32億6400万bu)
 期末在庫:2億2000万bu(2億9500万bu)
 在庫率 :6.9%(9.0%)

 

 

 

 強気の発表を受けて大豆が急伸。コーンも強気内容となっています。

 工業品では金の需要が増加している様子。インドの7月の需要増加に反応して日足好転です。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 09 2013

8月9日 外電報告・穀物輸出成約高・需給報告事前予想

<通貨・株式>
 ドルはジリ高レンジ内。米週間新規失業保険申請件数が事前予想よりも良い内容だった事から、FRBが9月にも量的緩和の縮小を開始するとの見方で下げるも、株式の持ち直しに反応。
 ユーロは高い。
 ダウもジリ高レンジ内。

 

<工業品>
 金12月限は高くもレンジ内。ETFは増減なし。
 白金族は高い。貴金属は、中国の輸出入増加により景気回復が示唆された事で上昇した様子。
 ガソリン9月限は安く新値抜き。

 

<穀物>
 輸出成約高(()は事前予想)と需給報告事前予想(()は7月見通し)は下記の通り。

 

(コーン)
 51万1000トン(60万~100万トン)
  主な成約先・・・日本19万9400トン メキシコ10万4300トン サウジアラビア6万9700トン

 生産高 :140.05億bu(139.50億bu)
 単収  :157.7bu(156.5bu)
 期末在庫:149.70億bu(19.59億bu)

(大豆)
 109万1700トン(55万~105万トン)
  主な成約先・・・仕向け地不明52万5000トン 中国38万1300トン エジプト6万トン

 生産高 :33.36億bu(34.20億bu)
 単収  :43.6bu(44.5bu)
 期末在庫:2.63億bu(2.95億bu)
 
(小麦)
 72万6200トン(50万~75万トン)

 

 相場は大豆主導に高い。需給報告の事前予想は、コーンが引き上げ・大豆が引き下げ。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。